受験ライフをサポートする 進学情報誌 さぴあ

さぴあは、進学教室サピックス小学部が発行し、内部生に配布している月刊誌です。

最新中学入試情報

2018年度中学入試特集/中学受験ドキュメント

世田谷学園中

2日の2次試験に多数の応募者
控室で問題に目を通す保護者の方々

東京

在校生が折り目正しく一礼

降りしきる雪のなか、受験生一人ひとりを温かく励ます先生たち  曹洞宗吉祥寺の学寮を前身として創設され、禅の精神に基づく人間教育を実践する世田谷学園中学は、例年2月1日、2日、4日と計3回の入試を行います。このうち、募集定員が最も多いのは2日の2次試験で、計200名の定員のうち、100名(特待生選抜20名含む)を占めています。1日の1次は70名(特待生選抜10名含む)、4日の3次は30名です。

「がんばってね」。わが子の肩に手を置いて見送るお母さん その2次試験が行われる、2日7時。受験生に先駆けてやって来るのは、この日の試験をサポートする在校生たちです。未明から降り始めた雪のなか、学校に到着すると校門の手前で立ち止まり、校舎に向かって一礼します。こうした在校生の姿からも同校の人間教育の一端をうかがうことができます。

 受験生の姿が目立ち始めるのは7時30分ごろから。受験生は主に東急田園都市線・世田谷線の三軒茶屋駅から10分ほどかけて来校します。校門から構内へと続く通路の両脇には各塾の先生たちが整列し、温かい励ましのことばや握手で受験生を迎えます。

保護者の方にも問題用紙を配布

試験教室に移動する受験生たち。凍てつく寒さに身も心も引き締まります  例年、受験生は7時45分前後から試験教室に入れるようになります。それ以前に到着した受験生と保護者の方は控室で待機します。この日、控室となったのは校門を入ってすぐ左手の修道館のアリーナと武道場です。

 受験生の到着がピークを迎える7時45分ごろになると、アナウンスが流れ、受験生は控室を出て試験教室に向かいます。また、これ以降に到着した受験生はそれぞれの教室に直行します。保護者の方が付き添えるのは修道館前の通路まで。わが子を送り出した保護者の方は控室に戻るか、いったん校外に出るかして試験終了を待ちます。

 試験開始は9時。控室ではこれに合わせて、校長の山本慈訓先生が保護者の方々にあいさつをします。また、試験が始まった科目については、保護者の方にも問題用紙が配布されます。ホームページで合格発表が行われるのは、この日の19時30分ごろから(22時まで)。わが子の健闘を祈りつつ、保護者の方たちも真剣な面持ちで1時間目の国語の問題文に目を通しています。

2018年度
中学入試特集目次
2018年度中学受験ドキュメント
緊急分析 2018年度首都圏中学入試の動向
緊急分析 2018年度関西圏中学入試の動向
速報 主要校の2018年度入試結果DATA一覧

ページトップ このページTopへ