受験ライフをサポートする 進学情報誌 さぴあ

さぴあは、進学教室サピックス小学部が発行し、内部生に配布している月刊誌です。

最新中学入試情報

2018年度中学入試特集/中学受験ドキュメント

東京都市大学付属中

好調な進学実績で注目の男子校
疲れも見せずに挑む1日午後入試

東京

4教科型と2教科型から選択

「しっかりね」。ここから先は独りで試験場へ。在校生が誘導するので安心です  武蔵工業大学を前身とする東京都市大学を中核に、大学から幼稚園までを擁する東京都市大学グループ。その中等教育を担う東京都市大学付属中学・高等学校は、難関大学への進学実績を伸ばしている男子校として注目されています。その一般入試は2月1日、2日、4日、6日の計4回。1日の第1回だけが午後入試で、4教科型と2教科型に分かれているのもこの回だけです。

 その午後入試が行われる2月1日。小田急線の成城学園前駅から徒歩約10分のところにある校舎の前には、各塾の関係者が待機しています。校舎のエントランスでは同校の先生方や案内係の在校生が、早めに到着した受験生と保護者の方を左手のカフェテリアに誘導します。4教科型の集合時刻は15時ですが、13時ごろに到着して、そこで昼食をとる受験生もいます。

 13時30分を過ぎるころ、控室となるアルママタホールが開場。昼食をとってから来校した受験生と保護者の方はホールに直接誘導されます。受験番号によってはもう一つの控室、体育館に誘導されることも。その体育館でも飲食は可能で、ホールでも階段席以外のところなら飲食できます。さらにアクティビティホールと理科講義室も開放されるため、昼食の場所に困ることはありません。

試験場では先着順に着席

受験生はこの第①試験場から先着順に着席。満席になれば隣の第②試験場に入ります 14時、試験場への入場開始を告げる放送が流れます。試験場へは個々に移動しますが、集合時刻までに入場すればよいので慌てて席を立つ姿はありません。試験場の座席には、受験番号順ではなく、先着順に座っていきます。試験終了後は教室番号の若い順から受験生を保護者控室に誘導するので、早く帰宅したい人は早めに試験場に入るとよいでしょう。

控室となったアルママタホール。1100名収容なので、集合時刻間際でも座席には余裕が この日は午前に他校の入試を受けてから駆け付ける受験生が多いためか、15時にかけても続々と到着します。16時集合の2教科型の受験生もやって来るので、エントランスの混雑はなかなか解消されません。

 遅刻は15分までなら受験可能です。また、4教科型の社会・理科は1時間目なので、遅れたときは国語・算数の2教科型に切り替えることもできます。この場合、事前連絡や手続きは不要です。午前入試で遅くなった受験生にはうれしい配慮です。社会・理科の試験開始は15時10分。受験生は疲れを見せずに午後の決戦に挑みます。

2018年度
中学入試特集目次
2018年度中学受験ドキュメント
緊急分析 2018年度首都圏中学入試の動向
緊急分析 2018年度関西圏中学入試の動向
速報 主要校の2018年度入試結果DATA一覧

ページトップ このページTopへ