受験ライフをサポートする 進学情報誌 さぴあ

さぴあは、進学教室サピックス小学部が発行し、内部生に配布している月刊誌です。

最新中学入試情報

2018年度中学入試特集/中学受験ドキュメント

函館ラ・サール中

全国5会場で第1次入試を実施
PTA・OBらの協力で受験生をサポート

その他

東京は例年どおりTOC有明で

同校PTA関東支部の方が案内係として随所に立っています 多くの受験生が『重大ニュース』で最終確認  北海道の男子名門校として知られる函館ラ・サール中学。同校では1月8日に第1次入試、2月3日に第2次入試を実施しており、そのうち第1次入試は全国5会場(函館・札幌・東京・大阪・名古屋)で同時刻に行われます。

 東京会場は例年どおり、ベイエリアにあるTOC有明です。りんかい線の国際展示場駅からは徒歩3分、ゆりかもめの有明駅・国際展示場正門前駅からもそれぞれ徒歩4分と便利なところに位置します。

 7時になると、受験生は同ビルのイーストタワーから入館することができますが、集合時刻は8時30分なので、その姿が目立ち始めるのは7時30分ごろから。サピックスの先生たちは1階ロビーで受験生と保護者の方を出迎え、激励のことばとともに送り出します。館内に入った受験生は左手奥のエスカレーターで2階へ。少し歩いてから右手にあるエスカレーターかエレベーターに乗り換えて、試験会場のある4階に進みます。

 館内では同校のPTA関東支部の方々が案内係として、随所で会場案内図を配っているうえ、4階には座席表が掲示されているので迷うことはありません。さらに、この日は同校OBの大学生も試験監督のアシスタントを務めています。これら同校関係者の方々は緑の腕章を着用しているため、迷ったり、わからないことがあったりしたらすぐに聞くことができます。

開始直前まで付き添う保護者の方

自分の座席を確認する受験生。こうした掲示がそこかしこにあります 4階はすべてが試験会場に充てられており、試験会場には試験開始時刻前に試験監督が入室するまで、保護者の方も自由に出入りできます。今年の入試日は成人の日とあって、お父さんが付き添う受験生も多く見られます。受験生は保護者の方の激励を受けつつ、持参したテキストやノートで最終確認をしています。

 8時25分ごろに試験監督を務める同校の先生が入室すると、保護者の方は退室し、いよいよ試験開始です。4科受験(国・算・理・社)の場合、試験は8時45分から12時50分まで行われます。

 ウエストタワー20階には保護者控室が用意されており、試験1時間目には、同校の責任者から入試の応募状況や同校の特長などについての説明があります。受験生の健闘を祈りながら、終了を待つ保護者の方も少なくないようです。

2018年度
中学入試特集目次
2018年度中学受験ドキュメント
緊急分析 2018年度首都圏中学入試の動向
緊急分析 2018年度関西圏中学入試の動向
速報 主要校の2018年度入試結果DATA一覧

ページトップ このページTopへ