受験ライフをサポートする 進学情報誌 さぴあ

さぴあは、進学教室サピックス小学部が発行し、内部生に配布している月刊誌です。

最新中学入試情報

2018年度中学入試特集/中学受験ドキュメント

本郷中

文武両道の伝統校合格をめざす
アクセスの良さも魅力の一つ

東京

中庭の掲示板で考査場を確認

この日は雪のため、早めに到着する受験生が例年より多く、体育館は7時20分すぎにはほぼ満席に 到着のピークを迎えると、巣鴨門から校舎へと続く通路には長い列が  「文武両道」「自学自習」「生活習慣の確立」を教育方針とする本郷中学・高等学校は、100年近い歴史を持つ男子校です。JRなどの巣鴨駅から徒歩3分、駒込駅から徒歩7分という恵まれた立地も魅力です。校門は「巣鴨門」と「駒込門」がありますが、多くの受験生は巣鴨駅に近い巣鴨門を利用するようです。両駅から学校までの要所要所では、同校の先生方や在校生が7時20分ごろから道案内をしています。

 中学の入試は第1回から第3回まで計3回あります。募集人員が最も多い第2回が行われる2月2日、開門予定時刻は7時ですが、早く到着する受験生のために6時ごろに開門。巣鴨門を入った通路には各塾の先生たちが並んで受験生の到着を待っています。ここで激励を受けた受験生は考査場のある校舎へと進みます。

 第2回入試の考査場は、1号館の3階・4階と2号館の3階が充てられており、受験生は1号館と2号館の間にある中庭に置かれた掲示板で自分の考査場を確認します。保護者の方が付き添えるのは校舎の入り口まで。試験が終わると受験生が一斉に退出するので、わが子を見送る際、待ち合わせ場所を決めておくとよいでしょう。

1000席の体育館が控室に

しんと静まり返る試験開始5分前の考査場。国語の試験問題が配られます 受験生の到着のピークは7時20分ごろからの20分ほど。このころ来校すれば、考査場にそのまま入れますが、早めに到着した受験生と保護者の方は保護者控室となった体育館(1号館1階・1000席)で待機。7時20分ごろになると、体育館から考査場への誘導が始まります。

 集合時刻の8時には受験生のほとんどが着席し、考査場は静けさに包まれます。その10分後にチャイムが鳴り、受験上の注意に関する放送が流れます。手元に配られた、同じ内容が記されたプリントを見ながら、その放送を聞く受験生たち。みな緊張感が高まっていることでしょう。

 8時15分、いよいよ1時間目の国語の試験問題が配布されます。試験開始を告げるチャイムが8時20分に鳴ると、受験生は全力を尽くして試験問題と格闘し始めます。

2018年度
中学入試特集目次
2018年度中学受験ドキュメント
緊急分析 2018年度首都圏中学入試の動向
緊急分析 2018年度関西圏中学入試の動向
速報 主要校の2018年度入試結果DATA一覧

ページトップ このページTopへ