受験ライフをサポートする 進学情報誌 さぴあ

さぴあは、進学教室サピックス小学部が発行し、内部生に配布している月刊誌です。

最新中学入試情報

2018年度中学入試特集/中学受験ドキュメント

立教新座中

熱い声援を背に試験教室へ
聖パウロ礼拝堂の下で激戦を展開

埼玉

新座駅からはスクールバスも運行

聖パウロ礼拝堂内の様子。朝早く到着した受験生と保護者の方が試験教室への移動が始まる8時まで待機しています  立教大学の付属校として、キリスト教に基づく人間教育に主眼を置き、「真理を探究する力」「共に生きる力」の育成をめざす立教新座中学。その第1回入試は、例年1月25日に実施されます。同校は、東武東上線の志木駅から徒歩約12分、JR武蔵野線の新座駅から徒歩約25分またはバスで約10分の距離にあります。この日、志木駅前には7時15分ごろから在校生が案内係として立っているほか、新座駅からは臨時バスや無料のスクールバスが運行されているので、どちらの駅を利用してもスムーズに学校にアクセスできます。

 7時30分を過ぎると、同校の象徴ともいうべき建物、聖パウロ礼拝堂の前にスクールバスが5分間隔で到着し、受験生が次々に降り立ちます。受験生が試験教室に入れるのは8時から。それ以前に到着した受験生と保護者の方は、暖房の効いた礼拝堂で心静かに待機することができます。

入室開始と同時に構内は大混雑

「しっかりね」。先生の温かい声援を受ける受験生。パワーと勇気がみなぎってきます  8時になると、試験教室への移動が始まります。礼拝堂で待機していた受験生が一斉に外に出て来るのとほぼ同じタイミングで、バスやタクシーを利用したり、歩いてやって来たりする受験生が次々と到着するため、構内は混雑のピークを迎えます。試験教室への入り口となる本館に向かう通路にはサピックスをはじめ、各塾の先生たちが整列し、受験生一人ひとりに熱いエールを送ります。

9時を過ぎると、教室では受験票の確認や注意事項の伝達などが始まり、受験生は一気に本番モードに入ります 激励の列を抜けると、本館の手前にゲートが設けられており、そこから先は受験生だけで進むことになります。受験生を見送った保護者の方は控室となる体育館や礼拝堂に移動し、わが子の健闘を祈りながら試験終了を待ちます。

 9時ちょうどに集合時刻を告げるチャイムが鳴ると、構内は先ほどの喧騒がうそのように静まり返ります。試験の注意点を伝える放送に耳を傾けながら、気持ちを集中させる受験生たち。今年度から、同校の入試はWeb出願(合格発表も)に切り替わった関係で、受験票の確認に時間を要するようになったため、試験開始と終了がこれまでより10分間遅くなり、9時30分から13時10分までとなります。熱い戦いが間もなく始まります。

2018年度
中学入試特集目次
2018年度中学受験ドキュメント
緊急分析 2018年度首都圏中学入試の動向
緊急分析 2018年度関西圏中学入試の動向
速報 主要校の2018年度入試結果DATA一覧

ページトップ このページTopへ