受験ライフをサポートする 進学情報誌 さぴあ

さぴあは、進学教室サピックス小学部が発行し、内部生に配布している月刊誌です。

最新中学入試情報

2018年度中学入試特集/中学受験ドキュメント

早稲田中

夢に合わせて進路が選べる早大系属校
実力者たちが栄光をつかもうと激戦に臨む

東京

予定時刻より10分早く開門

人工芝の校庭を直進すると1号館、左方向に校庭を横切った先には2号館があり、受験生は指定された建物に入ります  全国に数ある早稲田大学の附属・系属校のなかで最も古い歴史を持つ早稲田中学・高等学校。卒業生の約半数が早大に推薦で進み、その他の卒業生は東大をはじめとする国公立大や早大を含む難関私立大、医学部医学科などに一般受験で進学しています。系属校でありながら、自分の思い描く夢に合わせて幅広い進路が選択できる点こそ同校の大きな特長です。

 その第1回入試が行われる2月1日。東京メトロ東西線の早稲田駅構内では、7時ごろから受験生の姿が見られ始めます。「3b」出口から地上に出て、早稲田通りを右に進むと、すぐにレンガ色の校舎が目の前に見える正門に到着します。そのほか、東京メトロ副都心線の西早稲田駅(徒歩約15分)や都電荒川線の早稲田駅(徒歩約10分)からも受験生が到着し、正門付近に集まります。

 開門予定時刻より10分早い7時20分に門が開くと、受験生と保護者の方が一斉に構内に入っていきます。校舎へと続く通路では各塾の先生たちが整列し、受験生を出迎えます。受験生は正門から50メートルほど進んだところでいったん待機します。

7時30分から試験教室に入室

保護者の方は出口で在校生からアンケート用紙を受け取り、控室となっている大隈記念講堂に向かいます  7時30分、試験教室への入室が始まります。試験教室は校庭の右奥に立つ1号館と、校庭を横切った先に入り口がある2号館です。保護者の方が付き添えるのは校舎の入り口まで。受験番号により建物が異なるため、注意が必要です。

 集合時刻は8時30分ですが、受験生の到着がピークを迎えるのは7時30分から45分ごろにかけて。構内は混み合いますが、えんじ色の腕章を着けた案内係の在校生が誘導してくれるため、人の流れはスムーズです。

8時ごろの大隈記念講堂の様子。いずれのフロアも暖房が効いており、2階はまだ席に余裕があります 受験生を見送った後、保護者の方は2号館脇の門を出て早大南門通りを3分ほど歩き、控室となっている大隈記念講堂に向かいます。9時以降は隣のカフェテリア「大隈ガーデンハウス」も利用できます。保護者の方が受験生を迎えるため、再び同校の構内に入れるようになるのは、試験終了10分前の12時20分からです。

2018年度
中学入試特集目次
2018年度中学受験ドキュメント
緊急分析 2018年度首都圏中学入試の動向
緊急分析 2018年度関西圏中学入試の動向
速報 主要校の2018年度入試結果DATA一覧

ページトップ このページTopへ