受験ライフをサポートする 進学情報誌 さぴあ

さぴあは、進学教室サピックス小学部が発行し、内部生に配布している月刊誌です。

最新中学入試情報

2018年度中学入試特集/中学受験ドキュメント

早稲田大学高等学院中学部

早大が設置する唯一の附属中学校
筆記試験とグループ面接の長丁場に挑む

東京

腕章を着けた在校生が誘導

早稲田大学への入り口となる学校の門をめざし、受験生が続々と道を渡っていきます  早稲田大学高等学院中学部は早稲田大学唯一の直系附属中学校です。一定の基準を満たせば、全員が併設の高等学院を経て早稲田大学に進学できるため、「早大への入り口」として人気を集めています。

 その中学部の入試が行われる2月1日。最寄り駅である西武新宿線の上石神井駅には、早くも7時ごろから受験生が降り立ちます。学校までは同駅の北口から徒歩約7分。通学路に指定されている路地を通り、新青梅街道を渡るとすぐに正門に到着します。通学路には腕章を着けた先生方や制服姿の高3生が立ち、受験生を誘導しています。

 この日の開門予定時刻は7時30分でしたが、正門前の歩道で待つ受験生が増えてきたため、予定より早く7時10分に開かれました。正門から校舎へと続く通路には各塾の先生たちが整列し、受験生の到着を待ち受けています。先生から激励された受験生は、試験教室のある校舎へと進んでいきます。

受験生の集合時刻は8時

先生と握手を交わし、決戦の場へと向かうサピックス生たち。緊張せずに実力を出し切ろう!  正門に到着する受験生が目立ち始めるのは7時20分を過ぎたころから。到着のピークを迎える7時30分から40分にかけても、人の流れはスムーズです。保護者の方が付き添えるのは、受付で受験票の確認を受けるまで。受験生は保護者の方に見送られながら、受験番号ごとに指定された教室に入っていきます。

到着のピーク時には、正門前の新青梅街道を渡ろうとする信号待ちの列が通学路まで長く続きます 保護者の方はその後、控室として用意されている講堂で待機したり、構内からいったん出たりします。同校では8時30分からの筆記試験に続き、午後には受験生だけのグループ面接が1組15分程度行われます。そのため、一度帰宅してから、面接の終了時刻に合わせてわが子を迎えに来る方も少なくないようです。

 グループ面接の終了予定時刻は、保護者控室に掲示されるほか、12時30分ごろには同校のホームページにもアップされます。帰宅した保護者の方は、パソコンやスマートフォンなどでそれを確認してから迎えに来ることができます。

 集合時刻は8時。そのころになると、構内は静けさに包まれ、試験開始の8時30分を待つばかりとなります。

2018年度
中学入試特集目次
2018年度中学受験ドキュメント
緊急分析 2018年度首都圏中学入試の動向
緊急分析 2018年度関西圏中学入試の動向
速報 主要校の2018年度入試結果DATA一覧

ページトップ このページTopへ