受験ライフをサポートする 進学情報誌 さぴあ

さぴあは、進学教室サピックス小学部が発行し、内部生に配布している月刊誌です。

最新中学入試情報

2018年度中学入試特集/中学受験ドキュメント

東京都立小石川中等教育学校

「小石川教養主義」などに高い評価
人気の都立中高一貫校は今年も激戦

東京

正門と通用門から続々と入構

千石・巣鴨方面からやって来る受検生は通用門から構内へ  私立校の受験生からも注目を集めるようになった都立中高一貫校。小石川中等教育学校はなかでも、独自の「小石川教養主義」「国際理解教育」「理数教育」への評価が高いうえ、進学実績が良好なことも相まって、「適性検査」は例年、激戦となっています。

「いつもどおりにね」。先生からの激励に元気をもらいます 同校は都営地下鉄三田線の千石駅から徒歩約3分の近さ。JR・都営地下鉄三田線の巣鴨駅からは徒歩約10分、JR・東京メトロ南北線の駒込駅からは徒歩約13分です。

 検査が行われるのは、都内の公立中高一貫校の検査日として統一されている2月3日。受検生は7時30分ごろから姿を現し始め、早めに到着した受検生は通用門を入ってグラウンド脇の通路で待機します。

 開門時刻の7時45分、受検生と保護者の方が案内係の誘導で、一斉に構内へと進みます。正門から入るのは駒込駅方面から来る受検生で、千石・巣鴨駅方面から到着する受検生は通用門を利用します。到着のピークは7時50分ごろです。

再入構は11時30分から

 受付は生徒昇降口に設けられています。保護者の方が付き添えるのはグラウンド脇まで。控室は用意されていないため、保護者の方はいったん外に出ます。正門付近のフェンスに、検査終了後の退出方法についてのお知らせが掲示されているので、それを見ながら待ち合わせ場所を決めるとよいでしょう。また、携帯電話を持ち込むことはできないため、保護者の方は必ず預かるようにしてください。

受付をめざし、保護者の方とともに構内を進む受検生。退出時の指定された待ち合わせ場所を確認しておきましょう 集合時刻の8時30分、決戦の始まりを告げるチャイムが鳴り響きます。検査開始は9時。課されるのは適性検査Ⅰ〜Ⅲで、試験時間は各45分です。適性検査Ⅰでは都立中高一貫校の共同作成問題が、適性検査Ⅱでは共同作成問題と各校の独自問題が、適性検査Ⅲでは独自問題が出題されます。読解力や表現力、分析力、論理的思考力などが測られるため、単なる知識の詰め込みでは対応できない厳しい戦いが展開されます。

 検査の終了を待つ保護者の方が再び入構できるのは11時30分からです。混雑を避けるため、男子受検生の後に女子受検生が退出するという流れになっています。

2018年度
中学入試特集目次
2018年度中学受験ドキュメント
緊急分析 2018年度首都圏中学入試の動向
緊急分析 2018年度関西圏中学入試の動向
速報 主要校の2018年度入試結果DATA一覧

ページトップ このページTopへ