受験ライフをサポートする 進学情報誌 さぴあ

さぴあは、進学教室サピックス小学部が発行し、内部生に配布している月刊誌です。

最新中学入試情報

2018年度中学入試特集/中学受験ドキュメント

栄東中

すべての合格者を特待生に認定する
「東大特待Ⅰ」入試に1511名が応募

埼玉

高い進学実績を誇る埼玉有数の進学校

来校のピークは8時30分ごろ。在校生が「おはようございます」と元気にあいさつしてくれます  校訓に「今日学べ」を掲げ、確かな学力形成と豊かな人間形成の両立をめざす栄東中学・高等学校は、アクティブ・ラーニング(AL)を教育の根幹に据え、課題研究やグループワーク、ディスカッション、プレゼンテーションなどの機会を豊富に設けています。ALの成果は進学実績にも反映され、東大をはじめとする国公立大学や医歯薬系学部に多くの合格者を輩出しています。

来校した受験生から順番に試験教室へ移動。トイレに行ったり、最後の見直しをしたりして試験開始を待ちます 埼玉県でも有数の進学校として知られる同校は、中学校に「東大クラス」と「難関大クラス」を設置。東大クラスの入試日は2回あり、合格者全員が特待生として認められる「東大特待Ⅰ」が1月12日に、特待合格者を出す「東大Ⅱ」が18日に行われます。難関大クラスの入試も2回実施され、1月10日のA日程は6462名もの応募者を集めました。

 最寄り駅となるJR湘南新宿・上野東京ラインの東大宮駅の西口から同校の北門までは徒歩8分。「東大特待Ⅰ」の入試が行われる1月12日、駅からの道中や広々とした校地では、同校の先生方のほか、テニス部、野球部、バレーボール部の在校生と、警備員が道案内をしてくれるので迷う心配はありません。

試験教室への入退室はスムーズ

 受験生の到着がピークを迎えるのは8時30分ごろ。受験生は北門をくぐると、駐車場の外周に沿って左回りに進み、体育館の前で保護者の方と別れます。受験生はそのまま左手の通路を直進し、試験教室がある校舎棟の入り口に向かいます。その沿道では各塾の先生たちが整列し、受験生にエールを送ります。一方、保護者の方は控室となる体育館に入っていきます。

保護者の方はスリッパに履き替え、控室の体育館へ。温かい飲み物のサービスや、軽食の販売も行われています 同校では受験番号に関係なく、早く到着した受験生から順番に試験教室に案内されるため、受付の列に並んだり、自分の受験番号と照らし合わせて試験教室を探したりする必要はありません。なお、終了後は300名ずつ受験番号順に退室します。詳細は保護者控室である体育館に掲示されるので、お子さんの受験番号を控えておけば、スムーズに待ち合わせができます。

 試験開始は9時20分。受験生たちは特待合格をめざして、熱い戦いに全力で挑みます。

2018年度
中学入試特集目次
2018年度中学受験ドキュメント
緊急分析 2018年度首都圏中学入試の動向
緊急分析 2018年度関西圏中学入試の動向
速報 主要校の2018年度入試結果DATA一覧

ページトップ このページTopへ