受験ライフをサポートする 進学情報誌 さぴあ

さぴあは、進学教室サピックス小学部が発行し、内部生に配布している月刊誌です。

最新中学入試情報

2018年度中学入試特集/中学受験ドキュメント

渋谷教育学園渋谷中

都内屈指の難関共学校で
今年もハイレベルな戦いを展開

東京

8時ごろが来校のピークに

第一体育館に集合した受験生は、誘導を担当する在校生に続いて上階の試験教室に移動します  「自調自考」の教育理念の下、国内の難関大学だけでなく、海外大学への合格実績の高さにも注目が集まる渋谷教育学園渋谷中学・高等学校。「渋渋」の愛称で親しまれている同校の中学入試は、一般3回、帰国生1回の計4回実施されます。

 同校は巨大ターミナル・渋谷駅から徒歩7分、東京メトロの明治神宮前〈原宿〉駅からも徒歩8分という恵まれた立地にあります。そのためか、都内のほか、神奈川県・埼玉県・千葉県からもたくさんの受験生が集まります。

控室の一つとして開放される第一体育館。いったん校外に出る方も大勢います 2月2日は例年、第2回入試が行われる日です。この日の開門時刻は7時ごろですが、受験生の姿が目立ち始めるのは7時45分を過ぎたころからで、8時ごろに到着のピークを迎えます。地上9階、地下1階のモダンな校舎前で待つ塾の先生たちの激励にも熱が入ります。

 集合時刻は8時30分。その前に到着した受験生と保護者の方は第一体育館に入り、試験教室への誘導を待ちます。保護者の方が付き添えるのはこの第一体育館まで。保護者控室としては、さらに地下メモリアルホールも開放されており、試験終了後の誘導が始まる12時40分まで自由に入退場できます。

「リラックス体操」で緊張をほぐす

 予定どおり7時45分ごろから、受験生は受験番号順にプラカードを掲げた在校生の後につき、それぞれ指定された試験教室へと移動し始めます。この誘導は何度も行われるのでけっして焦る必要はありません。この日は約70名の中2生が案内や誘導などを担当。また、体育館内では在校生の保護者の方々がボランティアで温かいお茶などのサービスを行っています。

試験開始前に、恒例の「リラックス体操」で緊張をほぐす受験生たち 8時35分。校内放送が流れ、各教室では恒例の「リラックス体操」が始まります。放送に合わせて、先生や在校生と一緒に背筋を伸ばしたり、首を回したりするうちに、緊張した表情も少しずつほぐれていきます。これは「落ち着いてふだんの実力を発揮してほしい」という同校からの温かな配慮の表れなのです。

 続いて諸注意を受け、8時50分を迎えると、いよいよ1時限目の国語の試験がスタート。春から笑顔で「渋渋」に通えるよう、受験生は持てる力を振り絞ります。

2018年度
中学入試特集目次
2018年度中学受験ドキュメント
緊急分析 2018年度首都圏中学入試の動向
緊急分析 2018年度関西圏中学入試の動向
速報 主要校の2018年度入試結果DATA一覧

ページトップ このページTopへ