受験ライフをサポートする 進学情報誌 さぴあ

さぴあは、進学教室サピックス小学部が発行し、内部生に配布している月刊誌です。

最新中学入試情報

2018年度中学入試特集/中学受験ドキュメント

渋谷教育学園幕張中

首都圏最難関の共学校の一次入試に
県外からも多数の受験生がチャレンジ

千葉

試験教室への誘導は7時30分から

サピックスの先生たちの笑顔に励まされます 渋谷教育学園幕張中学は首都圏でも最難関の共学校の一つです。JR京葉線の海浜幕張駅(徒歩10分)、JR総武線の幕張駅(同16分)、京成千葉線の京成幕張駅(同14分)の3駅が利用できることもあって、毎年1月22日の一次入試には、千葉県内だけでなく、首都圏の広いエリアから多くの受験生が集まります。

8時ごろのキャンパス。この混雑に気持ちもたかぶります 例年、6時30分には正門が開きますが、試験教室への誘導が始まるのは7時30分から。それより前に到着した受験生は保護者の方と共に、塾の先生たちから激励を受けた後、右にUターンし、控室として用意されている正門右手の田村記念講堂に向かいます。

 校舎玄関付近では滞留できないため、受験生の行動は大きく二つに分かれます。一つは前述したように、早めに来て講堂で待機するパターン。もう一つは誘導開始後に来校し、会場入り口となる校舎玄関に続く階段の下で保護者の方と別れて試験教室に向かうというものです。

「リラックス体操」で緊張をほぐす

 7時30分。入場開始のアナウンスが流れます。保護者の方に見送られた受験生は階段を上り、校舎へと入っていきます。そして、上履きに履き替え、それぞれ指定された教室に向かいます。校舎内では在校生が案内に立っており、誘導してくれるので安心です。

 8時35分になると、各教室で出欠の確認や試験の説明が行われ、8時45分ごろには在校生と先生が前に出て、恒例の「リラックス体操」がスタート。受験生たちはスピーカーから流れる音楽に合わせて、背筋を伸ばしたり、首を回したりするうちに、体もほぐれ、落ち着きを取り戻します。

暖房の効いた講堂。集合時刻の8時30分になっても、席には余裕があります 一方、受験生を見送った保護者の方の多くは、講堂または海浜幕張駅周辺のカフェなどに向かいます。講堂は集合時刻の8時30分の時点でも席に余裕があります。在校生の保護者の方々による温かいコーヒーや紅茶、あめやチョコレートなどのサービスもあるので、一息つくことができます。

 9時。1時限目の国語の試験が始まります。昼休みを挟んで、最後の理科の試験が終わる13時55分まで、保護者の方々はわが子の健闘を祈り続けることでしょう。

2018年度
中学入試特集目次
2018年度中学受験ドキュメント
緊急分析 2018年度首都圏中学入試の動向
緊急分析 2018年度関西圏中学入試の動向
速報 主要校の2018年度入試結果DATA一覧

ページトップ このページTopへ