受験ライフをサポートする 進学情報誌 さぴあ

さぴあは、進学教室サピックス小学部が発行し、内部生に配布している月刊誌です。

最新中学入試情報

2018年度中学入試特集/中学受験ドキュメント

中央大学附属横浜中

中央大学への内部推薦枠拡大も魅力
2日午後入試に多くの受験生が

神奈川

決戦前に控室で昼食をとる姿も

保護者の方が付き添えるのは試験会場の受付前まで。ここで最後の激励のことばを掛けて、受験生を送り出します  横浜市営地下鉄のセンター北駅から徒歩7分。出口2から出て陸橋を通って歴博通りを渡り、閑静な住宅街を進むと、中央大学附属横浜中学・高等学校の正門が見えてきます。

 同校の入試は2月1日午前と2日午後の計2回行われます。2日の集合時刻は14時40分ですが、早くもその1時間ほど前から、正門付近では受験生と保護者の方の姿が目につくようになります。

 そうした受験生のために、13時から地下2階の武道場が食事用控室として開放されています。午前に別の学校の入試を受けてから直ちにこちらに移動して、ゆっくりお弁当を広げる受験生と保護者の方も見られます。構内には自動販売機があるので飲料を購入することもできます。

 武道場と同じフロアにある体育講義室・トレーニング室には、当日出願の窓口が設けられ、14時までなら出願することが可能です。

終了予定の19時まで長い一日に

校舎へと続く通路に整列したサピックスの先生たちは、力強い握手と優しい表情で受験生にパワーを送ります 持参した昼食を受験生と保護者の方が一緒にとることのできる地下2階の武道場  受付が始まる14時を過ぎたころ、受験生の到着がピークを迎えます。正門から校舎へと続く通路には、サピックスをはじめとする各塾の先生たちが並び、次々と来校する受験生に激励のことばを掛けます。

 校舎の入り口は次第に混雑してきますが、在校生たちが誘導してくれるので、人の流れはスムーズです。保護者の方が付き添えるのはここまで。受験生を見送った後は、控室として用意された体育館に向かいます。終了時刻に合わせて迎えに来ようというのでしょうか、いったん外に出て駅方面に戻る方もいます。

 横浜山手女子中学・高等学校を前身とし、2010年に中央大学の付属校となった同校。その後、中学の共学化、現在地への移転など学校改革を推進する一方、中央大学への内部推薦による進学者は、2017年には卒業生の72.3%になるなどの魅力により、人気はさらに高まりそうです。

 集合時刻になると、各教室では注意事項の説明がスタートします。最初の国語の試験が始まるのが15時10分。4科が課されるため、最後の理科の試験が終了するのは19時です。受験生たちが受験番号順に保護者の方が待つ体育館に戻ってくるのはそれからです。午前にも入試を受けた受験生には長い一日となります。

2018年度
中学入試特集目次
2018年度中学受験ドキュメント
緊急分析 2018年度首都圏中学入試の動向
緊急分析 2018年度関西圏中学入試の動向
速報 主要校の2018年度入試結果DATA一覧

ページトップ このページTopへ