受験ライフをサポートする 進学情報誌 さぴあ

さぴあは、進学教室サピックス小学部が発行し、内部生に配布している月刊誌です。

最新中学入試情報

2018年度中学入試特集/中学受験ドキュメント

東邦大学付属東邦中

医歯薬系に強い首都圏有数の進学校
推薦入試、一般入試とも多くの実力派が集う

千葉

2017年度より完全中高一貫校に

受験生は中庭でプリントを受け取り、受験票と写真票を手元に用意して指定された受験室に向かいます  東邦大学付属東邦中学・高等学校は医学部を擁する東邦大学の付属校であると同時に、理系に強い進学校として知られ、国公立大学や医歯薬系学部などに多数の合格者を輩出しています。

 同校は2017年度より、帰国生を除いて高校募集を停止し、中学の募集定員を270名から300名に増員。その30名の増員分を12月1日に行われる推薦入試の定員に充てました。2018年度の推薦入試は589名が受験し、実質倍率は19.6倍となりました。2019年度は一部入試に変更が予定されているので要注目です。

7時20分ごろの正門前の様子。JR津田沼駅北口から臨時バスも運行され、受験生が続々と到着します 同校まではJRの津田沼駅から京成バスを利用する方法(所要時間15分)と、京成本線の京成大久保駅から徒歩(同10分)で向かう方法があります。一般入試は1月の前期入試と2月の後期入試の2回行われるのですが、前期入試が実施される1月21日朝、正門から50メートルほど続くアプローチには各塾の先生たちが整列。受験生がやって来るのを待っています。到着のピークである7時30分ごろになると、駅から同校の前のバス通りまで続く通称「学園おおくぼ商店街」は混雑します。

入室開始は早く、7時15分から

3か所ある保護者控室のうち、最も広い第1体育館2階アリーナ。暖房が効いていて快適です アプローチを進むと、大きなイチョウの木がシンボルの中庭に出ます。その付近では青いベンチコートを着た同校の先生方や、手伝いを担当する在校生が、受験室や保護者控室の場所と、試験終了後の退場時刻などが書かれたプリントを配っています。受験室は受験番号ごとに割り当てられており、4500番までは高校棟で、4501番以降は中学棟で試験を受けます。

 募集要項には入室開始時刻は8時と書かれていますが、例年これより早まります。この日、入室開始を知らせる放送が流れたのは7時15分。保護者の方と暖房の効いた控室で待機していた受験生は指示に従って移動します。控室はセミナー館1階のカフェテリアと、その4階の視聴覚大ホール、アリーナの3か所。カフェテリアには無料の給茶機が設置されているほか、自動販売機で温かい飲み物も購入できます。

 8時20分。点呼の後、試験を受ける際の諸注意についての放送が流れます。試験開始時刻は8時40分です。これまで積み重ねてきた努力を信じ、受験生たちは全力で試験に臨みます。

2018年度
中学入試特集目次
2018年度中学受験ドキュメント
緊急分析 2018年度首都圏中学入試の動向
緊急分析 2018年度関西圏中学入試の動向
速報 主要校の2018年度入試結果DATA一覧

ページトップ このページTopへ