受験ライフをサポートする 進学情報誌 さぴあ

さぴあは、進学教室サピックス小学部が発行し、内部生に配布している月刊誌です。

最新中学入試情報

2018年度中学入試特集/中学受験ドキュメント

明治大学付属明治中

10年一貫教育が人気の大学付属校
決意を胸に答案用紙に向かう

東京

予定より20分早く開門

受験生の入場口ではサポートの在校生が待機し、てきぱきと誘導してくれます  明治大学付属明治中学・高等学校のほとんどの生徒は、登下校にスクールバスを利用しています。バスが発着するのは京王線の調布駅・飛田給駅、JR中央線の三鷹駅、JR南武線の矢野口駅の4駅で、入試日には受験生もスクールバスに乗って同校にやって来ます。

校舎入り口の掲示で試験教室をしっかり確認。教室は男女別です 第1回入試が行われる2月2日の7時すぎ、同校のスクールカラーである「紫紺」のバスに揺られて、最初の受験生が姿を現します。構内のバスロータリーから校舎へと続くアプローチでは、サピックスをはじめとする各塾の先生たちが激励。背中を押された受験生たちは、校舎入り口へと力強い足取りで向かいます。

 この日の朝は未明からの雪が降り続く、あいにくの気象条件。それだけに交通機関の乱れを心配したのでしょう、受験生の到着時刻は例年より早いようです。バスが到着し始めると、構内はすぐに混雑するようになったため、開門時刻は予定していた7時30分から7時10分へと20分繰り上げられました。

試験教室は男女別

 学校に到着したら、まずは校舎入り口に掲示された試験教室の一覧を見て、自分の受験番号と教室番号を確認することが必要です。受験生と保護者の方は別々の入り口から校舎に入るため、保護者の方が付き添えるのはここまでです。

8時ごろにはほとんどの受験生が入室。試験開始まで、テキストなどで最後の見直しを行います 7時40分から50分ごろにかけて、バスはひっきりなしに到着するようになり、混雑はピークを迎えます。例年、試験教室は男女別になっているのですが、校内の至るところにサポート役の在校生が立っているので迷うことはないでしょう。受験生は玄関で上履きに履き替え、男子は右に、女子は真っすぐ進み、各自の教室に向かいます。

 一方、控室となった「鵜澤總明ホール」に移動した保護者の方は試験終了を静かに待ちます。座席は受験番号ごとに区切られていますが、例年、午後入試を受ける方には出入り口付近に座席を確保。混雑を避けて早めに退出できるよう配慮されています。

 集合時刻は8時15分。試験は15分後の8時30分から始まります。受験生は集中力を発揮し、これまでに培ってきた力のすべてを出し切ります。

2018年度
中学入試特集目次
2018年度中学受験ドキュメント
緊急分析 2018年度首都圏中学入試の動向
緊急分析 2018年度関西圏中学入試の動向
速報 主要校の2018年度入試結果DATA一覧

ページトップ このページTopへ