受験ライフをサポートする 進学情報誌 さぴあ

さぴあは、進学教室サピックス小学部が発行し、内部生に配布している月刊誌です。

最新中学入試情報

2018年度中学入試特集/中学受験ドキュメント

早稲田実業学校中等部

あこがれの早稲田大学へと続く道
固い決意で狭き門突破を期す

東京

開門時刻まで門の前で待機

学校周辺の交差点や横断歩道には警備の方が立ち、受験生を的確に誘導してくれます 開門を待って構内へ。この後、男女に分かれ、それぞれのテントで受付を済ませます 2月1日朝、JRと西武国分寺線・西武多摩湖線の国分寺駅北口から、受験生と保護者の方の二人連れが次々と出てきます。めざすは駅から7分ほど歩いたところにある早稲田実業学校中等部。学校までの道に、えんじ色の腕章を着けた学生服姿の在校生たちが案内役として立っている光景は毎年恒例となっています。

 開門予定時刻は7時40分。早く到着した受験生は、正門の前で塾の先生の激励を受けてから列を作って並びます。開門まではそのまま待たなくてはならないため、あまり早く来校する受験生はいませんが、開門時刻が近づく7時30分ごろになると正門付近は混雑してきます。そのため、予定より5分ほど早く門が開かれ、受験生は構内へ。

 入構した受験生の列は、正面にあるテントのほうに動いていきます。男女別に設けられたこのテントが、この日の受付場所です。開門直後は順番を待つ時間が多少ありますが、流れはおおむねスムーズです。

限られた募集定員で例年、激戦に

「落ち着いて、がんばってきてね」。先生からの激励に、受験生も笑みを見せます 早稲田実業学校は1901年、早稲田大学の創立者・大隈重信の教育理想を実現するため、同大学の学風に基づいた中等教育を行うことを目的に設立されました。都内に3校ある同大学の付属・系属校のなかでは唯一の共学校。初等部を併設しているのも同校だけで、中等部の新入生のうち初等部からの内部進学者が半数近くを占めます。このため、中等部の募集定員は男子85名、女子40名と少なく、毎年、強い決意で臨む受験生たちがしのぎを削る激戦となっています。

 その狭き門をめざして集まった受験生たちは、受付を済ませるとそれぞれの試験教室に入っていきます。保護者の方には第二体育館が控室として用意されていますが、同校は駅から近いためか、いったん外に出て後で迎えに来ようという方も少なくないようです。

 高等部の卒業生のほとんどが早稲田大学に推薦入学する同校。合格すればあこがれの大学に進学する道が開けるわけです。集合時刻の8時5分を過ぎると各教室では点呼が行われます。8時30分、張りつめた空気が漂う各教室で、いよいよ最初の科目、国語の試験が始まります。

2018年度
中学入試特集目次
2018年度中学受験ドキュメント
緊急分析 2018年度首都圏中学入試の動向
緊急分析 2018年度関西圏中学入試の動向
速報 主要校の2018年度入試結果DATA一覧

ページトップ このページTopへ