受験ライフをサポートする 進学情報誌 さぴあ

さぴあは、進学教室サピックス小学部が発行し、内部生に配布している月刊誌です。

最新中学入試情報

2018年度中学入試特集/中学受験ドキュメント

吉祥女子中

知的探究心を育む女子進学校
今年も厳しい戦いの第2回入試

東京

雪の影響で試験時間割が変更に

在校生から袋を受け取り、傘を入れてから試験教室へ。校舎手前のスペースで長靴からスニーカーに履き替える受験生も  吉祥女子中学・高等学校は独自の教材や指導法で知的探究心を育む一方、行事やクラブ活動も重視。高2からは進路に合わせて、文系(高3は国公立文系・私立文系)、理系、芸術系(音楽または美術)に分かれ、多様な夢の実現をめざします。

 同校の入試は2月1日、2日、4日の計3回実施されます。応募者が最も多い第2回入試が行われる2日。この日は雪の影響により、多摩地区では交通機関の遅延が生じていたため、すべての試験時間割が30分繰り下げられました。

 正門が開くのは7時ごろ。構内では各塾の先生たちが整列し、受験生を出迎えています。早く到着した受験生と保護者の方はいったん6号館(吉祥ホール)に入り、試験教室への案内が始まるまでそこで待機します。携帯電話は試験教室には持ち込めないため、6号館にいる間に保護者の方が預かっておくとよいでしょう。

保護者の方は吉祥ホールで待機

雪の影響で、試験時間割が30分繰り下げられ、1時間目の開始は9時5分、4時間目の終了は12時45分となりました  7時30分、受験生が試験教室のある1・2号館に移動し始めます。1号館の手前には通路を分けるロープが張られており、受験生は左側に進んで指定された教室に入り、保護者の方は右側を直進して控室に向かいます。

 この日は、例年より30分遅い8時ごろから受験生の到着がピークを迎えました。1号館周辺は混み合いますが、同校の先生方が誘導してくれるため、人の流れは比較的スムーズです。

控室として開放された「吉祥ホール」で待機する保護者の方々。暖房が効いていて、ロビーに設置された給茶機も利用できます 保護者控室として開放されている6号館1階の吉祥ホールでは温かい飲み物でひと息つけます。いったん帰宅する保護者の方もいますが、一度校外に出ると試験終了までは再入構できない決まりのため、多くの方は控室を利用するようです。

 集合時刻の8時45分(雪のため、予定の8時15分より30分繰り下げ)を迎えると、各教室では試験の注意事項が記されたプリントが配られ、受験生は緊張した表情でそれを読みながら試験開始を待ちます。なお、この集合時刻にも間に合わなかった受験生には別室が用意されました。

2018年度
中学入試特集目次
2018年度中学受験ドキュメント
緊急分析 2018年度首都圏中学入試の動向
緊急分析 2018年度関西圏中学入試の動向
速報 主要校の2018年度入試結果DATA一覧

ページトップ このページTopへ