受験ライフをサポートする 進学情報誌 さぴあ

さぴあは、進学教室サピックス小学部が発行し、内部生に配布している月刊誌です。

最新中学入試情報

2018年度中学入試特集/中学受験ドキュメント

女子学院中

自由な校風にあこがれる
女子トップ層が狭き門に挑む

東京

校舎前の広場が激励の場に

来校のピークを迎えると、校舎前は受験生や塾関係者などで混雑します  1870年の開校当初からキリスト教に基づく人間教育と知的水準の高い教科教育を実践する女子学院中学・高等学校。制服や細かい校則を定めず、生徒の自主性を尊重する自由な校風にあこがれる受験生も多く、「JG」の愛称で呼ばれる人気校です。入試は毎年2月1日(1日が日曜の場合は翌2日)に実施されます。

 同校へは最寄りの東京メトロ有楽町線の麴町駅からなら徒歩3分。さらに、同半蔵門線の半蔵門駅からは徒歩6分、JR・東京メトロ・都営地下鉄が通る市ケ谷駅からは徒歩10分前後、JR・東京メトロの四ツ谷駅からは徒歩15分ほどと、通学には便利な立地です。

 2月1日早朝、同校の校舎前にはサピックスをはじめとする各塾の先生たちが整列しています。同校には校門がなく、道路からそのまま校舎に入るようになっているため、例年、校舎前の広場が激励の場となります。到着する受験生は7時20分を回ったころから増え始め、7時30分からの20分間が来校のピークです。

受験生の集合時刻は8時15分

入り口で受験票を見せて校舎内に入る受験生。試験教室までは在校生が誘導してくれます  受験生が校舎内に入れるのは7時30分から。入り口は2か所あり、右手が1~400番、左手が401番~と、受験番号ごとに分かれています。入り口で受験票をチェックしているのは高2生たちです。緑の腕章とJGバッジをつけた私服姿からは、生徒みずからの判断と責任を重んじる同校の教育方針が伺えます。

7時30分、受験生の入場開始と同時に、保護者控室となる講堂の扉も開かれます 試験会場には携帯電話や参考書、ノート類を一切持ち込むことができないため、入場前に保護者の方に預けなければなりません。それらを受け取った保護者の方のなかには、控室となる講堂に移動する姿も。その入り口では、試験の時間割や注意事項、午後から行われるグループ面接の進行予定が記されたプリントが配布されています。

 ほとんどの受験生は8時までに入室し、8時15分に集合時刻を告げるチャイムが鳴り響くころには、校舎前の広場は静まり返ります。筆記試験が始まるのは8時30分。どの受験生も、午後のグループ面接まで、実力を思う存分発揮することでしょう。

2018年度
中学入試特集目次
2018年度中学受験ドキュメント
緊急分析 2018年度首都圏中学入試の動向
緊急分析 2018年度関西圏中学入試の動向
速報 主要校の2018年度入試結果DATA一覧

ページトップ このページTopへ