受験ライフをサポートする 進学情報誌 さぴあ

さぴあは、進学教室サピックス小学部が発行し、内部生に配布している月刊誌です。

最新中学入試情報

2018年度中学入試特集/中学受験ドキュメント

白百合学園中

在校生からのあいさつに包まれ
合格への思いを一層強める受験生

東京

早めに到着したら講堂で待機

在校生がてきぱきと対応するため、受付はスムーズに進みます  JRなどの飯田橋駅と東京メトロ・都営地下鉄の九段下駅からそれぞれ徒歩約10分。交通至便な都心にありながら、靖国神社に隣接する地に校舎を構える白百合学園中学・高等学校のふだんの朝は静けさに包まれています。

 しかし、2月2日は7時ごろから「おはようございます」といった元気な声が同校の講堂周辺に響き渡ります。この日は例年、同校の一般入試の日で、保護者の方と一緒に訪れる受験生を塾の先生たちが激励します。

 サピックスの先生たちはこの日の6時30分(例年は7時)に開場した講堂の入り口左側に整列し、サピックス生たちの来校を待ち受けています。この講堂は早めに到着した受験生と保護者の方の待機場所であるとともに、受付も兼ねています。

 激励を受けた受験生たちは同校の先生方や在校生に出迎えられて講堂に入ります。同校では高2生と進学先の決まった高3生約100名が入試をサポートすることになっているのです。

在校生の誘導で試験場へ

講堂のロビーで誘導を待つ受験生たち  「受験生は受験票を持って舞台前にいらしてください」というアナウンスが7時30分に流れると、いよいよ受付開始です。受付のテーブルは受験番号順に五つ用意されているうえ、担当の在校生が手際よく対応してくれるのでスムーズに進みます。受験生の来校のピークはこのころから7時45分ごろまでです。

いざ試験場へ。最初の国語の試験は8時30分に始まります 続いて7時50分には「受付を済ませた受験生はロビーに出て、試験場へ移動する準備を始めてください」というアナウンスが入ります。この日は11時35分から保護者同伴面接が行われるため、保護者の方はわが子の身なりをチェックし、ロビーに送り出します。

 ロビーにはプラカードを掲げた在校生が待機。受験生がある程度集まると、試験場となる校舎へと順次誘導します。保護者の方の多くはそのまま講堂か、地下の休憩室で試験終了を待ちます。

 この日は降雪が予想されていたため、同校では前日午前に同校のHPにこの日の対応についての告知を掲載。講堂には6時30分から入場可能であることなどが案内されました。ただし、交通機関の大きな乱れはなかったため、入試は例年どおりに行われました。

2018年度
中学入試特集目次
2018年度中学受験ドキュメント
緊急分析 2018年度首都圏中学入試の動向
緊急分析 2018年度関西圏中学入試の動向
速報 主要校の2018年度入試結果DATA一覧

ページトップ このページTopへ