受験ライフをサポートする 進学情報誌 さぴあ

さぴあは、進学教室サピックス小学部が発行し、内部生に配布している月刊誌です。

最新中学入試情報

2018年度中学入試特集/中学受験ドキュメント

豊島岡女子学園中

独自の女子教育と高い進学実績で人気
1回入試は今年もハイレベルな戦いに

東京

首都圏各地から受験生が集う

 JRのほか、東京メトロ、西武池袋線、東武東上線が乗り入れる池袋駅から徒歩7分。東京メトロ有楽町線の東池袋駅からなら徒歩2分という近さ。この便利な場所にあるのが、高い大学進学実績と「運針」や礼法など独自の教育で知られる豊島岡女子学園中学・高等学校です。こうしたことから、同校の入試日には例年、首都圏各地から多くの受験生が集結します。

雪が降りしきるなか、先生たちは寒さにも負けず、温かいことばで受験生を送り出します 同校では2月2日、3日、4日の計3回、中学入試を行いますが、受験生を最も多く集めるのは2日の1回入試。160名の定員に対して1000名前後が応募します。この日は雪が降っているため、例年よりも早く7時前から続々と訪れます。開門予定時刻は7時ですが、それ以前に到着した受験生と保護者の方は、玄関を入ったところにある応接室に案内されます。

 サピックスをはじめとする各塾の先生たちは、正門前の歩道に一列に並び、受験生を出迎えます。到着のピークとなる7時30分ごろには、歩道は人でいっぱいに。先生たちは池袋駅と東池袋駅の両方からやって来るサピックス生を見つけると、大きな声で呼び寄せて激励のことばを掛けます。

講堂の手前でしばしのお別れ

試験教室に向かう受験生たち。間もなく決戦が始まります 激励を受けた受験生は保護者の方と一緒に正門をくぐり、校舎に入ります。持参した上履きに履き替え、廊下を進んでいきますが、講堂の手前で分かれなければなりません。受験生は4階と5階にある試験教室に向かって階段を上っていきます。

保護者の方が試験終了を待つ講堂。地下の食堂も保護者控室として利用できます 一方、保護者の方は控室となっている講堂か食堂に移動。講堂の前には試験の時間割と受験番号ごとの退場目安時刻が掲示されているので、確認しておくとよいでしょう。食堂には温かい飲み物の自動販売機があるため、飲食をしたいときにはこちらを利用します。

 集合時刻は8時10分。その5分後の8時15分には点呼と試験についての説明が行われ、8時30分から1時間目の国語の試験が始まります。控室で静かに試験終了を待つ保護者の方々は、わが子が春からこの校舎で学ぶ姿を思い描いているのではないでしょうか。

2018年度
中学入試特集目次
2018年度中学受験ドキュメント
緊急分析 2018年度首都圏中学入試の動向
緊急分析 2018年度関西圏中学入試の動向
速報 主要校の2018年度入試結果DATA一覧

ページトップ このページTopへ