受験ライフをサポートする 進学情報誌 さぴあ

さぴあは、進学教室サピックス小学部が発行し、内部生に配布している月刊誌です。

最新中学入試情報

2018年度中学入試特集/中学受験ドキュメント

フェリス女学院中

神奈川県内屈指の難関女子校合格を!
筆記からグループ面接まで全力で

神奈川

「フェリス坂」の石段に長い列

春から毎日歩くことを想像しながら、フェリス坂の石段を上って正門へ  1870年にアメリカの女性宣教師によって創設されたフェリス女学院は、キリスト教に基づく教育を行った日本で最初の女子校の一つです。中学校は1947年に、高等学校は1948年にそれぞれ設置され、神奈川県屈指の難関女子校として知られています。

サピックスの先生たちからの温かい激励に、受験生も「行ってきます」と笑顔に 同校が位置するのは、キリスト教系の名門女子校が集まる横浜・山手地区の高台です。JR石川町駅の元町口から出て商店街を抜け、通称「フェリス坂」と呼ばれる長い石段を上りきったところに正門があります。石川町駅からは徒歩約7分、みなとみらい線の元町・中華街駅からは徒歩10分ほどの距離です。

 そんな同校の入試日である2月1日7時すぎ、その両駅から受験生と保護者の方が連れ立ってやって来る姿が見られます。フェリス坂の上ではサピックスをはじめとする各塾の先生たちが並び、到着する受験生を出迎えます。正門が混雑するのは7時20分ごろから。それ以降、20分ほどの間が到着のピークとなり、フェリス坂には受験生と保護者の方の長い列ができます。

受験生と保護者の方は専用控室へ

正門前の広場で保護者の方とともに開場を待つ受験生たち。いよいよ決戦の場に向かいます この日、構内に入れるのは受験生と付き添いの保護者の方1名だけ。早めに到着した場合、受験生は受験生用控室へ、保護者の方は保護者用控室へと向かいます。

 4科の筆記試験の後、この日は昼食を挟んで13時からグループ面接も予定されています。各グループの開始時刻は受付時に案内されますが、保護者の方はこの面接が終了するまで受験生と会うことはできません。昼食も別々にとります。そのため、保護者の方と別れる前に、筆記具やお弁当などの持ち物を確認する受験生の姿も目立ちます。受験生を送り出した後、いったん外出する保護者の方もいます。

 8時を過ぎるころにはほとんどの受験生が教室に入り終え、構内は人影もまばらになります。集合時刻は8時20分。保護者用控室のカイパー記念講堂にも緊張感が漂います。この講堂は、ふだんは生徒たちが朝の礼拝を行う場所です。

 面接は例年、最終グループでも15時前には終了しているとのこと。受験生にはもちろん、心配しながら待つ保護者の方にとっても長い一日となりそうです。

2018年度
中学入試特集目次
2018年度中学受験ドキュメント
緊急分析 2018年度首都圏中学入試の動向
緊急分析 2018年度関西圏中学入試の動向
速報 主要校の2018年度入試結果DATA一覧

ページトップ このページTopへ