受験ライフをサポートする 進学情報誌 さぴあ

さぴあは、進学教室サピックス小学部が発行し、内部生に配布している月刊誌です。

最新中学入試情報

2018年度中学入試特集/中学受験ドキュメント

横浜共立学園中

入学式は新しい礼拝堂で
晴れの日を思い描いて決戦に

神奈川

女子受験生で大混雑の石川町駅

先生の力強い激励と手のぬくもりが、受験生を勇気づけます  神奈川県有数の名門女子校・横浜共立学園中学の入試は、A方式(4科)とB方式(2科)の2回に分けて実施されます。募集人員はA方式が150名、B方式が30名で、2月1日に行われるのはA方式です。

 この日は例年、JR石川町駅が女子受験生と保護者の方で大混雑します。同校を含む「横浜女子御三家」はいずれも同駅を最寄り駅としており、ほかの2校も同じ2月1日に入試を行うからです。同校までは徒歩約10分。駅前の商店街を抜けて、地蔵坂の途中から通称「乙女坂」と呼ばれる石段を上ったところにあります。

 開門予定時刻は7時30分ですが、その前に到着する受験生と保護者の方も多いため、今年は7時に開門されました。現在、同校の構内では校舎等再整備計画が進められており、今年も昨年に引き続き、西門から入場します。

 激励のために早くから集まっている塾の先生たちが、受験生に声を掛け、緊張をほぐします。受験生の到着のピークは7時30分ごろからの20分ほどです。

午前は筆記、午後にはグループ面接

試験会場に入る前に、案内板で注意事項を確認 校舎入り口の前で保護者の方とお別れ。家族からの最後の励ましは受験生にとって大きな力となるでしょう 構内に入った受験生は案内放送に従って、校庭に設置された掲示板で試験の注意事項などを確認します。受験生はすぐ校舎に入れるので、保護者の方とはここでお別れです。この日の午後には受験生のみのグループ面接も行われるため、別れ際にわが子の髪の乱れを直す方もいます。受験生を送り出した保護者の方の多くは控室に向かいます。

 集合時刻は8時30分。その10分前までにはほとんどの受験生が試験教室への入室を終え、正門付近は元の静けさを取り戻します。

 1871年に3人のアメリカ人女性宣教師によって設立された横浜共立学園。豊かな人間教育と質の高い教科教育で知られていますが、横浜市指定有形文化財第1号に指定された風格ある木造校舎が現存することでも有名です。

 同校では2016年からこの木造校舎の保存改修工事を含む校舎等再整備計画を進めています。新校舎はほぼ完成しており、今年4月の中学校の入学式はこの新校舎内に設けられた新しい礼拝堂で行われる予定です。

2018年度
中学入試特集目次
2018年度中学受験ドキュメント
緊急分析 2018年度首都圏中学入試の動向
緊急分析 2018年度関西圏中学入試の動向
速報 主要校の2018年度入試結果DATA一覧

ページトップ このページTopへ