受験ライフをサポートする 進学情報誌 さぴあ

さぴあは、進学教室サピックス小学部が発行し、内部生に配布している月刊誌です。

最新中学入試情報

2018年度中学入試特集/中学受験ドキュメント

立教女学院中

保護者の方や先生たちの祈りを胸に
女子伝統校への扉をたたく

東京

三鷹台駅から徒歩1分で構内に

控室の一つであるマキムホール。ここには聖マリア礼拝堂が控室として割り当てられた方向けの飲食スペースも用意されています  立教女学院はキリスト教に基づく人間教育を継承しながら、「知的で品格のある凛とした女性」の育成をめざす女子伝統校です。最寄りの京王井の頭線の三鷹台駅からは徒歩1分。閑静な住宅街に囲まれて、緑豊かなキャンパスが広がっています。

 2月1日、開門時刻の7時に合わせて、受験生と保護者の方が同校の坂下門に姿を見せ始めます。面接は事前に終えているため、この日は防寒を意識した装いが目立ちます。来校のピークは7時30分から40分ごろにかけてで、サピックスの先生たちの激励で送り出された受験生は、坂下門から続く階段を力強く上っていきます。

 階段の先にあるのが、聖マリア礼拝堂と、小学校の食堂として使われているマキムホールです。試験教室への移動が始まるまで、受験生と保護者の方は受験番号ごとにこの二つの控室で待機。マキムホールでは飲食も可能なため、学校が用意した温かいお茶を飲んだり、軽めの朝食をとったりする受験生もいます。

恒例の「トーク」で緊張をほぐす

「ふだんはこの時間、みんなで礼拝をしているよ!」といった、先輩たちの楽しいトークが受験生の緊張を和らげます  集合時刻の8時になると、受験生は在校生の案内で試験教室へと移動し始めます。このとき、外気に触れる時間はごくわずかなため、荷物になるコート類は控室の保護者の方に預けていく受験生がほとんどです。

 教室への移動を終えて全員が着席すると、試験開始を待つ間、各教室では毎年恒例の「トーク」が始まります。これは受験生の緊張をほぐすため、中3生が教壇の前で雑談するというもの。学校生活での楽しいエピソードなどが披露され、教室内は和やかな雰囲気に包まれます。

教室内に持ち込めるのは受験票、筆記具、腕時計のみ。そのほかの荷物は廊下の机に並べて置きます 受験生を見送った保護者の方は、試験終了まで自由に出入りが可能です。外出の際には控室入り口にあるビジターカードを携帯し、構内に戻るときは門で警備員の方に提示します。ただ、12時までに控室に戻ることが必要なので、外出する場合は時間に注意したほうがよいでしょう。

 一方、受験生が試験教室へと移動するころ、聖マーガレット礼拝堂では同校の先生方による礼拝が始まります。この時間は先生方が集い、受験生のためにお祈りをしてくださるのです。これら多くの人の思いを大きな力に変え、受験生は問題用紙に向き合います。

2018年度
中学入試特集目次
2018年度中学受験ドキュメント
緊急分析 2018年度首都圏中学入試の動向
緊急分析 2018年度関西圏中学入試の動向
速報 主要校の2018年度入試結果DATA一覧

ページトップ このページTopへ