受験ライフをサポートする 進学情報誌 さぴあ

さぴあは、進学教室サピックス小学部が発行し、内部生に配布している月刊誌です。

最新中学入試情報

2018年度中学受験  サピックス小学部第29期生/親子で歩んだ 受験の軌跡

  • 男子校目次
  • 女子校目次
  • 共学校目次

進学校 浅野中学校

激変の1年間

H.Tさん お子さんの名前 Kくん

 「よしっ‼」
 ベンチから跳び上がって喜ぶ息子の姿を見上げると、陽が差し、まぶしく光っていました。息子は、きっと今、自分の力で人生を切り開いていける糧を手に入れたのだと感じました。たった1年で、学力的にも精神的にもこんなに成長すると、誰が想像できたでしょう。
 1年前、息子は、兄が行くからという理由だけで、サピックスに一緒に入室しました。新6年生がスタートする直前の1月のことでした。周りは2年間、3年間と勉強してきて、受験まであと1年を切って、アクセル全開の子ばかり。そのなかに、ぽわっと入った息子でしたが、サピックスでは、たくさんの先生方がそのつど、的確なご指導をくださいました。
 入室した1月は、授業に集中できず、また、復習の仕方を覚えないため、叱られて泣きましたが、その後、きちんと復習するようになった息子に、「コツコツと真面目に努力できるので、きっと伸びますよ」と、良い面も見て、ご指導くださいました。
 5月には、志望校について悩みました。学校見学もできていない状態でいるとき、先生は、「息子さんは男子進学校で揉まれるともっともっと伸びるのでは」と助言してくださいました。何校かの文化祭に行くと、「ここだ!」と思える学校に出合え、驚くほど勉強するようになりました。
 冬前には、土曜志望校別特訓を中心に復習している息子に気づき、「SS特訓の復習にもう少し力を入れないと浅野中は難しかも…」とアドバイスしていただきました。そこからは家庭学習でSS特訓の復習にあてる割合を増やしました。
 2月。4日校の受験について迷いました。3日に受けた浅野中が受かっていれば万々歳で受験が終わるけど、受かっていなかったら…。
 家の電話が鳴りました。サピックスの先生からでした。状況をお伝えすると、気力が維持できているなら受けておいたほうがよいとのこと。難易度は1日校より上だけれど、遠いために通うのは難しそうな学校。1日校への入金は済んでいるし、通えるかどうかもわからない4日校の受験ということで、気が重いなか、試験会場に行きました。
 すると、激励の先生方の列の中に、お世話になった先生がいらっしゃるではありませんか! 「息子のために来てくださったのだ」。そう思うと、目頭が熱くなりました。横にいる息子を見ると、パッと背筋が伸び、気持ちが一気に前向きになったのが伝わってきました。先生の力の偉大さを、目の当たりにした一瞬でした。
 試験終了後に「バッチリできた」と晴れ晴れとした顔で出てきた息子。そのことばどおり、浅野中からも、4日校からも合格を頂くことができました。
 サピックスに入室しなければ、そして先生方が真剣に息子と向き合ってくださらなければ、たった1年間の勉強で、こんなに息子が成長し、合格を手に入れることはできなかったと思います。社会や理科は本当に一からの勉強でしたが、夏以降は1日10時間以上勉強し、知識の定着を図ると同時に問題演習を繰り返しました。大量にあるテキストの問題は、難易度や優先順位を表す印に関係なく、全教科をすべて解き、冬は時間を惜しんで机に向かいました。夏休みに命を注いで勉強した算数は、最後の合格力判定サピックスオープンで満点が取れ、息子にとっては自信がつき、お守りになりました。ここまで努力できたことそのものが、きっとこれからの息子の人生の大きな柱になると思います。
 受験勉強は目標校に受かるためにするものかもしれませんが、その過程でたくさん得るものもあります。わが家は家族が団結できましたし、息子との口頭試問や塾への送り迎えでの会話は、宝物のような時間になりました。そして、恩師と思える先生方との出会いがありました。
 そして、子どもの可能性は無限大です。今の立ち位置や残り時間にとらわれないでください。子どもが本気を出したとき、それはきっと『かなう夢』になるはずです。最後までお子さんの力を信じ、一緒に走ってあげてください。

 前の体験記 | 男子校目次に戻る | 次の体験記 

2018年度中学入試 受験体験記 男子校女子校共学校

ページトップ このページTopへ