受験ライフをサポートする 進学情報誌 さぴあ

さぴあは、進学教室サピックス小学部が発行し、内部生に配布している月刊誌です。

最新中学入試情報

2018年度中学受験  サピックス小学部第29期生/親子で歩んだ 受験の軌跡

  • 男子校目次
  • 女子校目次
  • 共学校目次

進学校 開成中学校

波乱に満ちた2月1日

M.Jさん お子さんの名前 Kくん

 「神様いたね! ありがとうございます」
 2月3日の発表のとき、息子の番号を見つけて出たことばです。それもそのはず、2月1日は思わぬハプニングの連続だったのです。
 マイペースな息子は、先生方からも、「当日もふだんと変わらず、のほほんと受けられそうですね」と言われており、1月校は大学が会場になっている、模試の延長のような雰囲気の受験を1校しか経験していませんでした。
 そして迎えた2月1日。極度の緊張のせいか、気分が悪くなり、途中下車。慌てて降りたため、お弁当を網棚に置きっぱなしだったのです。運良く、折り返し戻ってきた電車にお弁当が乗っていたので無事手元に。急いで向かうと、次は山手線の遅延に巻き込まれました。なんとかたどり着き、先生方の激励もまともに受けられないまま、集合時間ギリギリに教室へ。のちほど、試験時間が繰り下げられたことを知り、息子にとっては落ち着く時間ができてよかったとホッとしたのでした。
 しかし、翌日は朝から雪です。神様はなんという試練を私たちに与えるのだろうと、少しばかり神様を恨んだのです。1日のハプニング、2日の雪にも負けず3日校も無事に終え、主人と共に三人で開成中の発表へ向かいました。息子は歩道橋の途中から早足で向かっていきました。
 「あった!」
 本当にうれしそうな息子の姿を見て、長いようであっという間に過ぎてしまった受験生としての生活がいろいろと思い出されました。
 小さいころから数字や時計に興味を持ち、文字や漢字を覚えることにも興味を示した息子がサピックスに入室したのは4年生の春期講習からでした。小学校とは異なる世界を知り、知的好奇心を満たしてくれる授業やお友だちとの出会い、楽しそうに通塾する姿を見て、サピックスとの出合いに感謝しました。
 4年生のうちは、その日にやることなどを一緒に考えて取り組みましたが、5年生になると自分で勉強のスケジュールを立て、進めるようになりました。6年生になると、通塾日数も増え、拘束時間も長くなり、特に9月以降はSS特訓が始まり、模試で他校舎や中学校会場へ行く機会が増え、体力的にきつくなってきました。家庭学習はすきま時間にちょこちょこと進めていたようでしたが、母親としては睡眠時間を確保するため、「早く寝なさい」とばっかり言っていた気がします。
 6年生になると時間がなくなるので、文化祭など学校見学は5年生までに、と言われていますが、本当に秋以降は忙しかったです。ただ、開成の文化祭の日は模試が午前中に終わったので、すぐに駆けつけて楽しむことができました。適度な息抜きも必要です。
 思い返せば、3年間で学校行事以外の理由でサピックスを休んだことは数回。体調が悪くて学校を休んでいても「サピには行きたい」と言うほど、楽しく学ぶ機会を与えていただきました。受験を通じて、みずから学習する習慣がついたことは、今後においても生かされる経験となったことでしょう。
 あらためて素敵な出会いとなったサピックスの先生方、クラスのお友だちに感謝申し上げます。

 前の体験記 | 男子校目次に戻る | 次の体験記 

2018年度中学入試 受験体験記 男子校女子校共学校

ページトップ このページTopへ