受験ライフをサポートする 進学情報誌 さぴあ

さぴあは、進学教室サピックス小学部が発行し、内部生に配布している月刊誌です。

最新中学入試情報

2018年度中学受験  サピックス小学部第29期生/親子で歩んだ 受験の軌跡

  • 男子校目次
  • 女子校目次
  • 共学校目次

進学校 駒場東邦中学校

わが家の受験体験記 ~駒東をめざして~

M.Kさん お子さんの名前 Rくん

 息子は小さいころから選手としてスイミングスクールに通っていましたが、地元の中学校には水泳部がなく、私立中学への進学を考え始めたところから、わが家の中学受験はスタートしました。こんな背景もあり、当初から志望校は水泳部(できれば室内プール)のある中学校に絞っていましたので、第一志望校は3年間ずっと駒場東邦中でブレずにがんばってこられました。本当に良かったと思います。
 併願校も水泳部ありきの選択でしたが、悩むところはありました。特に2月3日は、チャレンジ校にするか安全校にするか、または両方に願書を提出し、2日の息子の様子を見て決めようかなどと最後まで迷いましたが、最後の模試で成績が振るわなかったこともあり、家族で相談のうえ、最終的に3日は安全策をとることに決めました。
 6年生になると、模試なども増え、対策も大変になります。息子は第一志望校の合格可能性80%くらいをなんとか維持していましたが、「そんなにうまくいくはずがない」とかえって不安が増してしまいました。今振り返れば、やはり模試の結果データは確かなものであり、もっと息子を信じてあげればよかったと反省しています。マンスリーテストの結果にも毎回一喜一憂していましたが、こればかりは誰もが通る道なのかもしれません。
 息子は4年生の間は私と一緒に勉強していたこともあってか、クラスも上位で比較的安定していました。しかし、5年生になると、私も一緒に勉強する余裕がなく、ほぼ本人任せにした結果、夏休み前の組分けテストでクラスを落としてしまいました。5年生は中だるみの時期といわれますが、まさに息子にとってスランプの時期だったと思います。そこからは主人との勉強が始まりました。朝6時に起床し、「基礎力トレーニング」「漢字の要」「コアプラス」をこなすことをルーティンにしました。塾のない日は復習を、塾のある日はその日の間違い直しを徹底することを心がけました。しかし、6年生になるとやはり反抗的なところも出てきて、息子と衝突することも何度かありました。そこで初めて学習相談アンケートを利用したところ、すぐに先生からお電話を頂き、とても安心することができました。ときには授業の合間に息子を呼んで諭してくださったこともあったようで、学習面だけでなく、生活面での相談にも親身に対応していただけたことに、本当に感謝しています。また、ゴールデンウィークのGS特訓のころから、同じ志望校をめざすクラスメートと切磋琢磨しながらも友情を深められたことも、合格への近道になったと思います。「『さぴあ』の合格写真ページに友だちと一緒に掲載してもらう」という子どもらしい目標を聞き、心が和んだものでした。
 正月特訓のころから(やっと)エンジンがかかった息子ですが、そこからはペースを落とすことなく本番を迎えました。先生方も友人たちもがんばっていることを肌で感じ、自分一人ではないと思えていたからだと思います。親子ともども、本当にすばらしい経験をさせていただいたサピックスに、心よりお礼申し上げます。

 前の体験記 | 男子校目次に戻る | 次の体験記 

2018年度中学入試 受験体験記 男子校女子校共学校

ページトップ このページTopへ