受験ライフをサポートする 進学情報誌 さぴあ

さぴあは、進学教室サピックス小学部が発行し、内部生に配布している月刊誌です。

最新中学入試情報

2018年度中学受験  サピックス小学部第29期生/親子で歩んだ 受験の軌跡

  • 男子校目次
  • 女子校目次
  • 共学校目次

進学校 筑波大学附属駒場中学校

サピックスを信じて

S.Wさん お子さんの名前 Yくん

 2月5日、筑波大附属駒場中の掲示板に息子の番号を見つけることができ、私は感無量で涙が止まりませんでした。というのも、受かっているだろうと思っていた2月3日の開成中の発表の掲示板には、息子の番号がなかったからです(その後、繰り上げ合格を頂きました)。開成中不合格から筑駒中合格までの2日間、息子のつらい気持ちを考えると、夜も眠れませんでした。息子は大泣きすることもなくふつうに振る舞ってはいましたが、淡々と真顔で漫画を読んでいる姿が私にはむしろ痛々しく映っていたのです。そのような経緯もあり、息子も自分の番号を見つけると満面の笑みになって、この2日間の落ち込みから一転、弾むようにサピックスの先生方、友だちのところへ駆けていきました。それはこれまでの人生のなかで最も感激した瞬間でした。
 息子は全教科まんべんなく点数を取るタイプで、サピックスに入室してから3年間、ほぼ最上位クラスを保っていましたが、実は算数があまり得意ではなく、第一志望校の筑駒中合格への障害は算数だろうと、ずっと考えていました。サピックスの授業をとても楽しく受けていた息子は、授業に積極的に参加し、きちんと復習もしていましたので、マンスリー確認テストでは良い点数が取れました。しかし、実力テストで初見の問題や難易度が高い問題が出ると、解けないことも多くありました。
 そこで6年生になると、算数の基礎を固めるため、算数にかなりの時間を割くようになりました。6年生の夏までには頂いたテキストをわかるまで徹底的に解き直し、解法をインプットしました。本人によると、その成果が11月ごろから出始めて、だんだんと解けるようになり、それ以降は安定して点数が取れるようになったそうです。
 秋以降はSS特訓の志望校別講座と単科の算数思考力講座の復習を徹底し、そして時間があれば「中学への算数」を解き、応用力を磨きました。1月に入ってからも多くの時間を算数に割いて、「最後の最後まで、一問でも多く解くぞ」という気持ちでがんばったようです。
 受験期の生活ですが、試験に備えて朝型に変えようと思いながら、結局、正月特訓が終わるまでは変えることができませんでした。正月特訓後、約3週間で夜11時30分就寝・朝7時半起床から、10時就寝・朝6時起床に切り替えて受験に備えました。
 また、こんなエピソードもあります。秋に学校別サピックスオープンを聖光学院中で受けたとき、慣れない早起きと私が張り切って作った豪華?弁当で満腹になったことが重なって試験中に寝てしまい、悪い成績を取ってしまったのです。この経験からわが家では、本番のお弁当は腹6分目くらいを目安に質素なメニューを用意しました(笑)。秋からの模試は、本番に起こるかもしれないアクシデントを予測するための良い機会で、いろいろな場所で試験を受けてみてよかったと思いました。
 最後に、自宅では3年間を通して、サピックスメソッドに100%従い、サピックス以外の教材は先生に勧められた「中学への算数」以外は一切しませんでした。授業がいちばん大切という助言を守り、子どもが授業に集中できるように、勉強時間よりも睡眠時間を優先させました。保護者会でアドバイスされたように、復習に時間をかけ、やるようにと言われたことを忠実にやっていただけですが、最終的にとても満足のいく受験結果だったので、サピックスを信じてついていくことが合格への近道なのだと思います。皆さま、サピックスを信じてがんばってください。きっと道は開けると思います。

 前の体験記 | 男子校目次に戻る | 次の体験記 

2018年度中学入試 受験体験記 男子校女子校共学校

ページトップ このページTopへ