受験ライフをサポートする 進学情報誌 さぴあ

さぴあは、進学教室サピックス小学部が発行し、内部生に配布している月刊誌です。

最新中学入試情報

2018年度中学受験  サピックス小学部第29期生/親子で歩んだ 受験の軌跡

  • 男子校目次
  • 女子校目次
  • 共学校目次

進学校 筑波大学附属駒場中学校

中学受験という高速列車

T.Kさん お子さんの名前 Mくん

 中学受験に挑戦することを考え始めたのは、息子が3年生のころだったでしょうか。息子は高校まで一貫教育の私立小学校に通っていたので、それはとても勇気と決断を要する選択肢となります。
 私も当初は「学力が伸びない場合は外部受験はやめようね」と言っておりましたが…経験してわかったのは、中学受験とはドンドン加速していく高速列車に似ているということです。しかも、到着地は決まっていません。いったん乗り込んだら、考えるのは「前向きに、最もよい到達点をめざすこと」。加速する勢いのなかで、いつの間にか「途中下車」することなど考えなくなりました。
 6年生からは、サピックスに週3日、4日と通い、また帰宅も遅くなります。しかし息子は、サピックスの工夫されたおもしろい授業と、そこでできた仲間たちとの交流を通し、大変ななかでも楽しく学べたと感じます。
 とはいえ、学ぶべき内容はあまりに高度で、サピックスのテキストは膨大です。
 ここで必須なのは、母親の(父親でもよいのですが)サポートです。家内は各科目の種々のテキストを整理・分類し、毎日のやるべき課題を1枚にまとめて、毎朝息子に渡していました。中学受験においては、母親(or父親)の強いマネジメント力が不可欠だと痛感しました。家内はフルタイムで仕事をしていますので、余計に大変だったと思いますが。
 息子自身の学力は、最も得意な算数を軸に、秋くらいまでは、まずまず順調に伸びていったように思います。模試でもそれなりの合格可能性を出せるようになっていきました。
 息子の場合は第一志望校を一つ決めるというよりは、「第一志望群」というか、筑波大附駒場中・灘中・開成中の3校をめざすことにしました。
 しかし、いよいよ最終盤!という初冬に、なんと初めてのスランプに陥ってしまったのです。大きな要因は「時間がない」を言い訳に、復習がおろそかになり、学んだことを自家薬籠中の物といったレベルに固め切れていなかったことでした。コツコツ地道に復習を重ねる日々でしたが、効果は徐々に表れてきました。
 そして迎えた1月の受験。目標の一つ、灘中に合格したころには、息子は試験会場でも落ち着いて問題に向き合えるようになっていました。
 そして2月1日からの3連戦。大寒波が襲うなか、まさに怒涛の連続でした。しかし、3日の開成中の発表で、息子の番号はありませんでした。受験が終わった解放感より、重い空気が家庭内を支配しました。
 翌々日の筑波大附駒場中の発表日。合格番号掲示板に、息子の番号があったときの喜び!
 「やった! 合格だ」
 息子も本当に喜んでいました。しかも、その2日後、開成中から追加合格の連絡が届いたのです。
 3年前に息子が乗り込んだ、中学受験という高速列車は、「第一志望群」の3校すべてに無事到着することができました。指導していただいた先生方、励まし合ったお友だちに心から感謝しております。

 前の体験記 | 男子校目次に戻る | 次の体験記 

2018年度中学入試 受験体験記 男子校女子校共学校

ページトップ このページTopへ