受験ライフをサポートする 進学情報誌 さぴあ

さぴあは、進学教室サピックス小学部が発行し、内部生に配布している月刊誌です。

最新中学入試情報

2018年度中学受験  サピックス小学部第29期生/親子で歩んだ 受験の軌跡

  • 男子校目次
  • 女子校目次
  • 共学校目次

進学校 筑波大学附属駒場中学校

マイペース受験生の筑駒への道

K.Sさん お子さんの名前 Mくん

 2月5日、予定時刻より少し早くに出された筑駒の合格掲示板。どっというどよめきのなか、先に受験番号を見つけたのは息子でした。
 「あったよ」
 「本当に?」
 私は次男の手を引きながら、自分の目で合格を確かめた瞬間、涙を流さずにはいられませんでした。
 「よくがんばったね。おめでとう! 勝ち取ったね」
 6年間ほとんど体調を崩したことがない息子が、1月受験の日の大雪の影響か、その後風邪をひき、2月1日からは激しい頭痛を乗り越えての連日受験となりました。「めざせ、全勝」とは言ったものの、それを現実にした息子。受験勉強中は「ほめると調子に乗る」とほめることを自制していたため、思いっ切りほめて抱きしめたい気持ちでいっぱいでした。しかし、そこは照れていやがるかもしれないと、ほめて肩を寄せるだけにしました。私は、子どもがこんなかたちで幸せや喜びを与えてくれるなんて、知りませんでした。「受験をして良かった」。今は心からそう思います。
 そして合格発表から数日が経った今、膨大なテキストやプリントの整理をしながら、この3年間を振り返りたいと思います。私はこの受験体験記をお風呂の友、妄想の友、計画指針として最大限に活用させていただきました。王道ではありませんが、少しでもこれから受験を迎える皆さまの参考になれば、と思います。

《入室前~5年生》
 低学年時は、通信教育の「ピグマキッズくらぶ」でお世話になり、4年生から入室しました。入った当時は、まだ次男が小さかったため、着替えや塾の用意をベビーカーで届けたことを懐かしく思います。また、入室から受験日前日まで毎朝、「基礎力トレーニング」と漢字には欠かさず取り組みました。このころはまだ余裕があったので、算数に関しては、塾の翌日に復習し、翌週の授業前とマンスリーテスト前に間違った問題を解き直す、というサイクルを続けていました。
 息子は5年生になると、集中力にムラが出てくるようになりました。加えて、反抗的な態度が見え隠れしてきたので、私は思い切って仕事を辞め、夏休みは息子と一緒にたくさん旅行に行きました。この時期にメリハリのある生活を取り入れたことで、成績は比較的安定していたように思います。

《6年生》
 復習の時間が足りなくなり、クラスが下がったときもありましたが、次には絶対に戻るという意識で取り組んでいました。
 そんななか、国語は問題文に線も引かず、感覚で解いていたため、点が取れなくなってきました。そこで、先生に相談し、先生のアドバイスを親子で実践していくようにしました。親子で一緒に国語の問題に取り組むと、言い合いになることも多く、忍耐が必要な作業でしたが、入試直前の冬休みには過去問の添削との相乗効果が出て、得点源になったようです。最後まであきらめずに継続して良かったと思います。
 また、毎年運動会の練習時期には、体力、気力ともにそちらに取られていたので、息子が本格的に過去問を解き始めたのは運動会が終わった10月中旬からでした。学習計画は、連日修正の連続でしたが、睡眠時間の確保は常に意識してコントロールしました。
 11月には志望校に合わせて、SS特訓のコースも変更しました。志望校の決定は模試の結果ではなく、最終的には本人の強い意志を尊重しました。模試の結果だけを見ると不安になり、「こんな点数では」ということばを発してしまったこともあります。ネガティブな表現、それに反発する息子。バトルが続きました。そんなときはそのつど、各教科の先生に相談しました。さらに、算数に関しては得意であったものの、抜けていた知識や解き方に関し、何をすれば良いか息子に合ったアドバイスを頂き、実践したことで、より合格に近づいたと思います。また息子は、信頼している先生からのことばを素直に聞いていました。
 いよいよ受験が1か月後に迫った冬休みは、総復習の良い機会ととらえ、再復習の要・不要の仕分けをすると同時に、ラストスパート対策を立てました。膨大な教材のなかから、「合格するために、これだけはやっておきたい」と思うものを教科別でリストにして、できたものにはシールを貼っていきました。焦りもありましたが、逆算すると、SS特訓の解き直しなど、すべてをするのは無理だと考えたからです。また、時事問題や細かい知識は、親が口頭で問題を出して答えるという方法で、時間短縮を図りました。さらに、1月末まで塾があったことによって、モチベーションも緊張感も適度に保つことができたと思います。
 そして、迎えた受験期。睡眠不足になると頭がはたらかない息子なので、千葉と横浜の受験のときはホテルに宿泊しました。宿泊時は「基礎力トレーニング」、漢字のテキスト、各教科のポイントノートを持参し、簡単な問題を解いて、口頭で最終確認をしました。また、1月受験後は体調を崩していたので、10時間睡眠を心がけ、2月3日に体調も能力も最高の状態に持っていけるように調整しました。どう見ても具合が悪そうなときも、息子は「体調が悪いと言うと本当にそうなるから」と言って、自分のメンタルを強く保つようにしていました。いちばん効いたのは、信頼していた先生方からの激励の電話および、大好きな先生に受験日当日、「あっ、Mくん。大丈夫だからね」「絶好調だからね」と声をかけていただいたことでした。私も「先生に声がけしてもらえたから、もう合格だね」と送り出しました。

《最後に》
 息子は忘れ物王であり、字も汚く、丸付けしない、計画も立てない、そして極めつきはいつまでたっても本気モードにならないという、いわゆる「しっかりした子」とは違いました。勉強のことより、その態度に怒ることで時間を取ることも多々ありました。それでも、最後は、それも個性として受け止め、「欠けているところは親がサポートするしかない」と覚悟を決めて一緒に走ったことで、親子ともに満足のいく結果を出すことができました。
 サピックスの授業を毎回楽しみ、先生を信頼し、切磋琢磨できる友人に恵まれて着々と実力を伸ばしていった息子。ここまで成長を見守ってくださった先生方、心より感謝しております。ありがとうございました。そして、これから受験を迎える皆さまにも、たくさんの桜が咲きますように!

 前の体験記 | 男子校目次に戻る | 次の体験記 

2018年度中学入試 受験体験記 男子校女子校共学校

ページトップ このページTopへ