受験ライフをサポートする 進学情報誌 さぴあ

さぴあは、進学教室サピックス小学部が発行し、内部生に配布している月刊誌です。

最新中学入試情報

2018年度中学受験  サピックス小学部第29期生/親子で歩んだ 受験の軌跡

  • 男子校目次
  • 女子校目次
  • 共学校目次

進学校 本郷中学校

親子で向き合い、成長できたこと

Y.Kさん お子さんの名前 Kくん

 「合格したの!?」
 「合格したよ!!」
 母子が泣きながら抱きしめ合い、驚きと喜びと達成感が入り交じった涙と笑いにあふれた夜。二人を見ながら、父である私も自然と涙を流していました。親子三人四脚で挑んだ中学受験は喜びの涙とともに、無事に最後を迎えることができました。
 最初にサピックスへの入室を決めたのは、息子自身の意思でした。そのいちばんのきっかけは、通っていた理科の実験教室で大好きな先生に勧められたこと。実は、ちょうど他塾に通い始めて、ようやく1年経ったころのことでした。そのため、正直言って、私たち両親は転塾を快くは思っていませんでした。中堅校を目標としていて、受験勉強に取り組み始める時期がけっして早くなかった私たちは、サピックスのカリキュラムについていくことができないかもしれないと思っていたからです。
 実際、転塾当初はその学習ペースに慣れることはとても大変でした。少しずつ慣れてきたころには、テストの点数で一喜一憂。その後も、ささいな計算ミス、続かない集中力、なかなか形が整わない文字、漢字の力や読解力の不足、社会の知識不足には、親子ともども本当に悩まされました。
 そうしたときに、私たちがいちばん大切にしたのは、「本人が決定した」という事実に立ち返ることでした。「なぜ受験しようと思ったのか」「誰がサピックスへの入室を決めたのか」をそのつど、一緒に振り返り、本人に寄り添うことでした。私たちはそのことを振り返りながら、サピックスのテキストを信じて学習を進めることで、先生方の指導を支えに、少しずつペースをつかんでいくことができました。
 とはいえ、それだけではうまくいかないことも当然あります。本人に任せすぎて失敗してしまったこともありました。過度に期待せず、そばにずっといる両親が本人の強みを分析し、学習に取り組みやすい環境を作ったことがよかったのではないかと感じています。
 具体的に、われわれ両親が感じていた彼の強みとしては、「先生に言われたことを大切にし、素直に受け止められる」「朝には比較的強く、欠かさずやるべきことには必要性を感じ、ていねいに取り組もうとする姿勢がある」「短時間でリフレッシュできる趣味を持っており、それをうまく活用できる」などがありました。それらはこの受験勉強を通して再発見できた彼の魅力です。そうした強みを、限られた日々のなかでどうやって発揮するかを家族が一緒になって考えることができたこと、それ自体が私たちの受験にとって、本当に良い体験だったと感じています。それぞれのご家庭で、本人の特性や両親ができるサポートは大きく異なっていても、強みを生かそうとする姿勢の大切さは変わらないと思います。
 今回の受験を通して「彼の強みの発見と活用」ができ、「課題に向かって取り組んでいく姿勢と成長」が見られました。「がんばることで報われる」という体験が親子でできたことも私たち家族にとって、とても大きな収穫でした。
 かかわってくださったサピックスのスタッフの方々には感謝してもしきれません。今後もどうか受験生の成長を支えてください。本当にありがとうございました。

 前の体験記 | 男子校目次に戻る | 次の体験記 

2018年度中学入試 受験体験記 男子校女子校共学校

ページトップ このページTopへ