受験ライフをサポートする 進学情報誌 さぴあ

さぴあは、進学教室サピックス小学部が発行し、内部生に配布している月刊誌です。

最新中学入試情報

2018年度中学受験  サピックス小学部第29期生/親子で歩んだ 受験の軌跡

  • 男子校目次
  • 女子校目次
  • 共学校目次

進学校 早稲田中学校

やり抜くということ

R.Oさん お子さんの名前 Yくん

 息子の受験に伴走者として寄り添い、「本当にやり抜く」とはどういうことかを教えてもらいました。
 息子は5年生の夏期講習からサピックスでお世話になりました。理科はかなりカリキュラムが進んでおり、息子と二人で「コアプラス」を勉強した日々を思い出します。本はよく読むのに国語の成績はずっと芳しくありませんでした。語彙力がないのだと思い、毎日『コトノハ』を繰り返しやりました。そんな努力もあり、成績は上がりましたが、油断するのか下がることも多く、ずっと成績は安定しませんでした。2年生から始めた野球も6年生の夏まで続けており、週末の勉強は眠気とのたたかい。顔を水で洗いながらがんばっていました。そして野球も休部になった夏休み明け。「ぼく、明日から5時に起きて勉強する!」と言って実行し、学校別サピックスオープンでも合格可能性80%を出しました。しかし、その後はいつものパターン。成績は上がったり下がったり。
 私は、受験はその後の6年間の学校生活のためにやるのだから、志望校はそのときの気持ちを少し抑えても、合格可能性を加味しながら決めるべきだと思っていました。そこで、12月末に2月1日は第二志望の学校を受験するように勧めました。「息子のためだ!」と思い、少しきつく話したことを覚えています。けれど本人は騒ぎ立てるわけでもなく、ひと言「早稲田を受ける」と言いました。
 年が明け、SS特訓のクラスでも良い成績で前のほうの席に座っている様子。何より本人ががんばっていたので、私も早稲田中の受験を応援することにしました。
 そして受験当日、試験会場に息子を無事に送り、「よくあきらめずここまできた!」と心のなかではほめました。これで不合格でも、とても意味のある受験だったと胸を張って言えると思いました。
 結果は合格を頂きました。自分の意思を貫き、努力をしたことはすばらしいと思います。これからの人生、桜が咲くとは限りません。むしろ散ることのほうが多いのかもしれません。しかし、今回の受験のように自分で決めて努力し、やり抜けば後悔はないと思います。
 最後になりましたが、お忙しいなか、時期外れになってから提出した過去問の添削をしてくださったり、励ましのお電話をいただいたりと、先生方にはたいへんお世話になりました。また、いつ電話をかけても、ていねいかつ的確に対応してくださった受付の方々、子どもたちの安全を見守ってくださった警備員の方々、本当にありがとうございました。

 前の体験記 | 男子校目次に戻る | 次の体験記 

2018年度中学入試 受験体験記 男子校女子校共学校

ページトップ このページTopへ