受験ライフをサポートする 進学情報誌 さぴあ

さぴあは、進学教室サピックス小学部が発行し、内部生に配布している月刊誌です。

最新中学入試情報

2018年度中学受験  サピックス小学部第29期生/親子で歩んだ 受験の軌跡

  • 男子校目次
  • 女子校目次
  • 共学校目次

進学校 慶應義塾湘南藤沢中等部

本当にありがとうございました

Y.Kさん お子さんの名前 Rさん

 娘は2年生から5年間、サピックスにお世話になりました。通っていた小学校には併設の中学と高校があり、中学校に上がるときの内部試験のためにと、低学年から通塾することにしました。
 学年が上がるにつれ、小学校の宿題もサピックスの復習も多くなり、時間をやりくりしながらの両立は本当に大変でしたが、娘の「サピックスが楽しい」ということばに親は本当に救われました。
 内部進学をするのか受験をするのかの迷いは、親子ともずっとありましたが、5年生のとき、算数を教えてくださっていた娘の大好きな先生が「受験をするにしてもしないにしても、6年生の夏期講習まではみんなとがんばろうよ! 楽しいから!」と言ってくださり、娘も「先生と6年生の夏まではがんばるって約束したから」と言って、どんなに大変でも投げ出さずに続けることができました。
 6年生になると本当に忙しく、学校からそのままサピックスに行き、サピックスからの帰宅後に学校の宿題とその日の授業の復習をするという、いま考えれば朝起きてから寝るまで、ひたすらがんばらなくてはいけない毎日だったと思います。それでも泣き言一つ言わずがんばれたのは、授業が終わると決まって「楽しかった!」と言うくらいサピックスが大好きで、毎回、授業をとても楽しみにしていたから、そして、志望校への強い気持ちがあったからだと思います。
 受験をするかどうかの決断は、夏期講習の最終日にしようと親子で決めていましたが、娘は「受験するから」とひと言だけはっきり言いました。そしてわが家は、併設の中学校には進まず、受験をすることになりました。
 9月になり、過去問に取り組むようになると、得意の算数で思うように得点できず苦しみましたが、先生が「慣れればできる」「あなたが解けない問題は誰も解けない」といつも前向きなことばをかけてくださり、娘はそのことばを支えにがんばりました。
 娘は直前になっても落ち着いて過ごし、勉強の合間には大好きな読書をし、最後まで日常を崩しませんでした。自分は誰よりも努力したというのが娘の自信になっていたのかもしれません。親の目から見ても、娘はそのくらい努力をしたと思います。
 2月2日、第一志望校の慶應湘南藤沢中の1次の筆記試験の日には少し緊張をしているようでしたが、雪のなか、先生方の激励の列に大好きな先生を見つけたときのうれしそうな娘の顔は、いまでも目に焼きついています。そこまで信頼関係を築いてくださり、本当にありがたく思いました。そして娘は「いつもどおりね」と声をかけられると、「がんばってくる」と力強く言い、校舎に入っていきました。試験が終わって出てきたとき、娘は「できた」と本当にいい顔をしていました。娘が元気に試験に行くことができ、そして全力を出し切ることができ、本当にほっとした瞬間でした。
 親子三人で迎えた2次試験。娘は「志望動機や学校でやりたいことを聞かれなかった」と、面接で言おうと思っていたことを伝える機会がなかったことに落ち込んでいました。そんなとき、バスを待っていると、後ろの受験生が面接について自信満々に話しているのが聞こえてしまい、すっかり自信をなくしていた娘は、我慢できずに泣き出してしまいました。そのままサピックスに連れていくと、先生方がいつものように出迎えてくださり、親子とも本当に救われました。そして、たくさん話を聞いていただき、帰るころには娘もすっかり笑顔になりました。親がどんなになぐさめてもダメだったのに。最後まで先生方のことばは、娘にとってどんなに落ち込んでいても元気になれる「魔法のことば」でした。
 2月5日の合格発表では、最寄り駅まで三人で行ったにもかかわらず、娘と私は掲示板を見る勇気がなく、主人が一人で見に行ってくれました。娘が「ダメだったらすぐに帰りたい」と言うので、湘南台駅の改札の前で主人からの電話を待ちました。待っている間、1分経つのがものすごく遅かったです。娘もずっと落ち着かず、今にも泣き出しそうな顔をしていて、見ていてつらかったです。
 そして発表の13時、主人から「あった!」と電話があり、娘は泣いていました。
 私たちもすぐに掲示板を見に行き、娘の努力が報われた、そして志望校への思いが通じたと、親子で喜びました。
 サピックスの先生方、校舎の方々、5年間本当にありがとうございました。多くの方に支えられ、受験生活を終えることができ、感謝の気持ちでいっぱいです。

 前の体験記 | 共学校目次に戻る | 次の体験記 

2018年度中学入試 受験体験記 男子校女子校共学校

ページトップ このページTopへ