受験ライフをサポートする 進学情報誌 さぴあ

さぴあは、進学教室サピックス小学部が発行し、内部生に配布している月刊誌です。

最新中学入試情報

2018年度中学受験  サピックス小学部第29期生/受験体験記

  • 男子校目次
  • 女子校目次
  • 共学校目次

進学校 渋谷教育学園幕張中学校

1月24日 午前9時58分

R.Rさん

 1月24日 午前9時58分、合格発表を控えて、ドキドキしながら家で結果を待っていると、電話が鳴った。仕事に行っている母からだった。
 「Rちゃん、合格したよ!」
 驚きすぎて、返事ができない。数秒後、まだ実感できなかったけれど、自然と声が出た。
 「やった! やったやったやったー!」
 うれしさが込み上げてきた。母との電話を切ったあと、うれしくて、外を走り回ったほどだ。
 このうれしさにはわけがある。4回の合格力判定サピックスオープンでの、私の合格可能性は最高でも50%だった。20%だったこともある。SS特訓の志望校別のコースでもなかなか上のクラスに行けず、上がれたのは冬期講習からだった。
 こんな私が第一志望校の渋谷幕張中に合格できた理由は、次の三つだと思う。

①1週間の計画を立て、決まったパターンで勉強する。そうすることで、過去問やSS特訓、土曜志望校別特訓、平常授業の復習のすべてを怠ることなく進めることができた。また、これとは別に、毎日、より具体的な「やることリスト」を作成し、終わったら○をつけていくことにした。このやり方は、達成感も得られるのでお勧めだ。

②「基礎力トレーニング」「漢字の要」「コアプラス」をこなすのは当たり前。毎日やろう。「漢字の要」はテストがあるので、毎回満点をめざそう。どの学校の入試にも漢字は出題される。漢字で失点すると痛手を受ける。また、「基礎力トレーニング」は計算ミスからの失点を防いでくれる。これも、毎日10分程度、時間を計って満点をめざそう。「コアプラス」は、基礎知識固めに不可欠だ。

③学校には休まず行こう。私は試験当日以外、一日も休まなかった。学校に行くことで、平常心が保たれ、規則正しい生活が送れる。

 このようにして努力を積み上げたことが、私が合格できた要因だろう。
 そして、何より、サピックスの先生は偉大だ。私を本当に理解して、ときに厳しく、ときに優しく、本当に愛情たっぷりに応援してくれた。支えてくれた家族と同じくらい大好きだ。本当にありがとうございました。

 前の体験記 | 共学校目次に戻る | 次の体験記 

2018年度中学入試 
親子で歩んだ
受験の軌跡
男子校女子校共学校

ページトップ このページTopへ