受験ライフをサポートする 進学情報誌 さぴあ

さぴあは、進学教室サピックス小学部が発行し、内部生に配布している月刊誌です。

最新中学入試情報

2018年度中学受験  サピックス小学部第29期生/受験体験記

  • 男子校目次
  • 女子校目次
  • 共学校目次

進学校 鷗友学園女子中学校

自分に自分で自信を持て!

R.Hさん

 鷗友学園女子中に合格したとわかったときは、なかなか受かったとは信じられませんでしたが、徐々にうれしさと解放感が込み上げてきました。
 私がサピックスに行き始めた4年生のころは、受験をあまり意識せず、親にほめられるために勉強していました。そして、勉強が理解できるようになり、クラスも上がると、サピックスが楽しいと思えるようになりました。
 5年生のときも、受験なんてだいぶ先のことだと考え、友だちの家によく遊びに行っていました。そんなとき、マンスリーテストはできても、実力テストで点が取れないという問題が起こりました。その理由は、繰り返し勉強していないからだと母に指摘されました。そこで、繰り返し勉強するようにすると、実力テストでもだんだん点が取れるようになりました。
 そしてついに、ラストスパート。6年生を迎え、受験生なのだという自覚が出てきました。しかし、算数が理解できなくなり、全体の偏差値も下がってしまいました。そのときはとてもショックで、後悔しました。なぜなら、わからない算数の問題をやり直さずに、放置していたことが成績に反映されてしまったからです。そのときから、これまで避けてきた算数を中心に勉強するようにしたら、偏差値を伸ばすことができました。SS特訓では鷗友コースでしたが、最初のころは、鷗友独特の問題にうまく答えられませんでした。しかし、先生がコツを教えてくれたので、徐々にできるようになりました。受験直前期には「コアプラス」や「漢字の要」を中心にやりました。
 受験当日はとても緊張していましたが、先生に言われた「自分に自分で自信を持て!」ということばを胸にがんばりました。結果、鷗友合格という悲願を達成できたので、今、中学生活にとても夢を持っています。いろいろなことを教えてくれた先生方と、中学受験をさせてくれた両親に感謝しています。
 皆さんもガンバレ! 応援しています。

 前の体験記 | 女子校目次に戻る | 次の体験記 

2018年度中学入試 
親子で歩んだ
受験の軌跡
男子校女子校共学校

ページトップ このページTopへ