受験ライフをサポートする 進学情報誌 さぴあ

さぴあは、進学教室サピックス小学部が発行し、内部生に配布している月刊誌です。

最新中学入試情報

2018年度中学受験  サピックス小学部第29期生/受験体験記

  • 男子校目次
  • 女子校目次
  • 共学校目次

進学校 横浜雙葉中学校

思いがけないこと

M.Iさん

 2月1日、受験する教室に行くために私は講堂で待っていました。このとき、私は自分に驚いていました。その理由は、入試本番だというのにまったく緊張していなかったからです。逆に応援してくれていた母のほうが頭が痛くなったりお腹が痛くなったりしていました。しかし、なぜ本番の試験会場で、緊張しなかったのか。それは、試験前に私は勉強を2週間ほど必死にしたからです。不安なところを苦しいくらいに勉強すると、「自分はあれだけ勉強したのだから大丈夫だ」という気持ちになり、自信につながります。理由はもう一つあります。それは、マンスリーテストや組分けテストで緊張していたからです。私は、そのときに緊張をなんとかしたいと思い、先生に相談しました。その結果、緊張するのは本番の練習だと思っておくことになりました。「そうすれば本番ではあまり緊張することがないはずだ」と先生が意見を出してくれました。
 私は苦手なところを勉強したと先ほど書きましたが、どんなテキストを使ったらいいか紹介しておきます。
①算数が苦手な人の場合。
 ・分野別問題集「ベイシック」をやる。
 ・授業中から積極的に聞いておく。
 ・「基礎力トレーニング」を繰り返しやる。
②国語が苦手な人の場合。
 ・知識は「漢字の要」や「言葉ナビ」を繰り返す。
 ・読解は授業中に取ったノートを見る。質問教室で聞く。
③理科・社会が苦手な人の場合。
 ・「コアプラス」を繰り返しやる。
 ・「年表トレーニング帳」や「白地図トレーニング帳」で勉強する。
 皆さんはまだ成績が伸びることがあると思うので家庭学習をしっかりし、先生の話もよく聞いて質問教室も活用しましょう。体調に気をつけて入試に臨んでください。祈・合格!

 前の体験記 | 女子校目次に戻る | 次の体験記 

2018年度中学入試 
親子で歩んだ
受験の軌跡
男子校女子校共学校

ページトップ このページTopへ