受験ライフをサポートする 進学情報誌 さぴあ

さぴあは、進学教室サピックス小学部が発行し、内部生に配布している月刊誌です。

最新中学入試情報

2020年度中学受験  サピックス小学部第29期生/受験体験記

進学校 浅野中学校

先生からのことば

N.Kくん

 ぼくがサピックスに通い始めたのは、4年生の4月でした。コースが少ない小さな校舎でした。入室テストでは最上位コースからのスタートだったのですが、その後、すぐ下のコースに落ち、そこに定着してしまいました。
 そして、6年生になると、なかなかやり切れないものも増えてきて、6年生の最後のほうは、上位から真ん中あたりのコースを行ったり来たりするようになってしまい、合格できるか心配でした。
 そこで、これから受験をする人に、先生からのことばを二つ書きます。
 一つ目は、「わからないことがあるまま、入試を受けるのは当たり前だ」ということばです。これは「すべてのことを理解して、試験を受けられるはずがないのだから、わからない問題があるのも当たり前だ。しかし、わかるところはしっかり正解しなければいけない」ということです。そこで、日ごろから苦手だった漢字のミスなどをなくすようにし、1点でも多く点数を取れるようにしました。
 二つ目は、「行きたい学校に入るための試験を受けられるなんて、わくわくするだろ。だから、入試を楽しんで受けろ」ということばです。
 これは、よく考えると理にかなっていることばですが、実際に入試を楽しく受けている人は、そうそういないでしょう。けれども、当日思い出してみると、緊張がほぐれると思います。
 このように、先生の言うことを参考にしながらも、自分の考えで動くことも必要だと思います。
 あとは、「コアプラス」などの基本的な知識を頭に入れ、入試本番で自分が解ける問題をしっかり解くことができたなら、皆さんはきっと合格できるでしょう。
 最後に、これまで自分を支えてくれた先生、家族、友だち、ありがとうございました。

 前の体験記 | 男子校目次に戻る | 次の体験記 

2020年度中学入試 
親子で歩んだ
受験の軌跡
男子校女子校共学校

ページトップ このページTopへ