受験ライフをサポートする 進学情報誌 さぴあ

さぴあは、進学教室サピックス小学部が発行し、内部生に配布している月刊誌です。

最新中学入試情報

2020年度中学受験  サピックス小学部第29期生/受験体験記

進学校 麻布中学校

2月3日の幸せ

R.Iくん

 以前の塾より、はるかに大きいサピックスに通い始めたのは5年生の春。授業についていけるのか不安だった。慣れるのには3か月ほどかかった。しかし、やっと慣れてきたころに夏期講習が始まり、ふだんとは違うペースにとまどった。そこで、一日のなかで自分が使える時間を書きだしたスケジュール表を作り、それを意識しながら勉強を進めた。このように試行錯誤しながら勉強していくと、少しずつ成績が上がり、いよいよ6年生の秋、SS特訓が始まった。朝早くから夕方まで続くのですごく疲れたが、志望校の問題を解くことや、仲間と過ごせる時間は、とても楽しかった。
 国語は、SS特訓の復習を徹底的に行い、解答に至るまでの根拠も含めて確認しながら、記述を書き直し、先生に添削をしてもらって、パターンをつかんだ。漢字や記号選択の問題では、点を落とさないように心がけた。算数では、計算や典型的な問題でミスをしないように基礎を固め、一度やったことのある問題は、間違えないように気をつけた。さらに、SS特訓に限らず、復習テストや、その日に授業でやった問題は、なるべく時間がたたないうちに復習すると、効率よくできた。特に麻布中や栄光学園中の問題では、答えまでたどり着けなくても、途中式や図をかいていると部分点をもらえることがあるので、自分の考えを採点者にわかってもらえるようにかくことが大切だ。理科や社会は問題文を読むとき、国語と同様にヒントとなる部分に印をつけておくのがよい。また、愛光中や浅野中を意識して、受験直前まで「コアプラス」を続け、基礎がおろそかにならないようにした。ぼくは成績が上下してもあまり気にしなかった(社会が得意なぼくも、麻布の学校別サピックスオープンでは40点中6点、偏差値は32.5だった。だから、全然気にしなくてもいいと思う)。
 最後に、中学受験をする環境を整えてくれた両親、ともに学んだ仲間、そして、たくさんのことを教えてくれた先生方、本当にありがとうございました。受験生の皆さん、直前まで基礎・基本をおろそかにせず、自分とサピックスを信じてがんばってください。ファイト、受験生!!

 前の体験記 | 男子校目次に戻る | 次の体験記 

2020年度中学入試 
親子で歩んだ
受験の軌跡
男子校女子校共学校

ページトップ このページTopへ