受験ライフをサポートする 進学情報誌 さぴあ

さぴあは、進学教室サピックス小学部が発行し、内部生に配布している月刊誌です。

最新中学入試情報

2020年度中学受験  サピックス小学部第29期生/受験体験記

進学校 麻布中学校

麻布合格にささげた2年半

S.Oくん

 合格発表の日、自分の番号を見つけたとき、緊張から解放され、肩の力が抜けました。4年生の夏からのたたかいが終わったときでした。
 ぼくがサピックスに入ったのは4年生の夏期講習のころで、受験は意識せず、授業を受けて課題をこなすだけの日々でした。5年生になり、麻布中を第一志望に決めました。自分の考えをしっかりと頭のなかで整理して、文にすることができるように授業で意識し始めました。そんななかで受けたサピックスオープンでは、授業中の意識によるものか、好成績を収めることができました。その後はコース落ちも経験し、そのおかげで勉強への心構えも変わりました。
 月日は流れ、ついに6年生になりました。正直言って、ぼくは入試が近づいてくるのが嫌でした。それは中学受験が嫌だったのではなく、サピックスでできた友だちと別れるのが寂しかったからです。春期講習が過ぎ、ついにGS特訓が始まりました。ぼくの通っていた校舎は生徒数が少なかったのですが、同じ麻布第一志望の人がぼくを含めて四人いたので、少しほっとしました。
 夏期講習はとても大変でした。特に漢字テストには苦労しましたが、そのおかげで入試でも漢字ができたと思います。SS特訓もスタートし、本格的に志望校対策を始めました。過去問も大変でしたが、すべてやり切りました。四人いた麻布第一志望者が自分一人になったとき、特に仲の良かった友だちが志望校を変えたときはショックでした。けれども、ぼくはあきらめずに受験し、合格できて本当に良かったと思います。サピックスのすばらしい先生方のおかげで、合格できました。どの先生の授業も楽しく、わかりやすかったです。とても感謝しています。
 最後に、これから受験をする皆さんに一つだけアドバイスです。
 「体調管理に気をつけること」
 合格めざしてがんばってください!

 前の体験記 | 男子校目次に戻る | 次の体験記 

2020年度中学入試 
親子で歩んだ
受験の軌跡
男子校女子校共学校

ページトップ このページTopへ