受験ライフをサポートする 進学情報誌 さぴあ

さぴあは、進学教室サピックス小学部が発行し、内部生に配布している月刊誌です。

最新中学入試情報

2020年度中学受験  サピックス小学部第29期生/受験体験記

進学校 麻布中学校

伝えたい三つのこと

T.Kくん

 ぼくが皆さんに伝えたいことは、大きく分けて三つあります。
 一つは、体調管理の仕方についてです。これは先生から言われているかもしれませんが、早寝早起きをして、ヨーグルトドリンクを飲んで、最新の医療情報に注意しておけば、大丈夫だと思います。
 二つ目は、ほかの習い事との両立の仕方について記します。ぼくは、6年生の夏休みまでバスケットボールをやっていました。そのことから考えると、ほかの習い事と受験勉強のめりはりをはっきりつけることが大切だと思います。勉強をやるときはしっかりと集中をして、習い事をするときはしっかりと楽しむことが大切だということです。ぼくは、6年生になってからも習い事を続けていいと思います。なぜなら、ずっと勉強ばかりしていても、集中力が続かなくなってしまうと思うからです。
 三つ目は、勉強方法について記します。ぼくがサピックスに入室したときの偏差値は37.6でした。しかしその後、4年生のうちに50くらいまで上がっていきました。サピックスは進学塾なので、受験に必要なことをしっかりとやってくれています。だから、4・5年生のうちは、復習テストで点数をしっかり取ることと、自分の苦手科目を減らすことに尽力したほうがいいです。6年生の秋からはSS特訓が始まります。さらには、「有名中学入試問題集」や過去問なども始まります。しかし、最も大切なのは授業の復習です。有名中や過去問をやるよりも、授業の復習をして、基礎学力を高めることが大切だと思います。ぼくは有名中も、過去問も失敗しましたが、授業の復習をちゃんとできたので、良かったと思います。
 夏休みに里帰りする人は、遺影のあるお仏壇の前で勉強すると、先祖に見られている気がして、さぼりにくくなるのでお勧めです。

 前の体験記 | 男子校目次に戻る | 次の体験記 

2020年度中学入試 
親子で歩んだ
受験の軌跡
男子校女子校共学校

ページトップ このページTopへ