受験ライフをサポートする 進学情報誌 さぴあ

さぴあは、進学教室サピックス小学部が発行し、内部生に配布している月刊誌です。

最新中学入試情報

2020年度中学受験  サピックス小学部第29期生/受験体験記

進学校 麻布中学校

自分を信じて!!

H.Kくん

 「あっ、あった!」
 麻布中の合格発表を見ながら、父と抱き合い、うれしさを分かち合いました。
 ぼくがサピックスに入ったのは、4年生の初めのころ。真ん中ぐらいのクラスから始まりました。そして、5年生のときに麻布の文化祭へ行き、ここにはぼくの居場所があるとわかり、麻布中を受験することに決めました。
 しかし、6年生のSS特訓の麻布コースでは、いつも成績が良くなく、麻布の学校別サピックスオープンでも、合格可能性が20%~40%。もう絶望し、受験する資格がないと思ってしまいました。
 でも、父には毎日勉強を手伝ってもらい、母にはスケジュールを作ってもらいました。そのおかげで、SS特訓で1位を取ったこともあったので、父や母に感謝し、麻布中にも受かろうと火がつきました。
 2月1日の本番、ぼくは出せる力を出し切りました。でも、合格への手応えはあまりなかったです。だから、試験中には1点でも多く取れるように、サピックスの先生に言われた「問題を読み返すこと」を行い、間違いに気がつくことができました。
 しかし、2月1日午後の巣鴨中の算数選抜入試に不合格となり、落ち込んでしまいました。そんなとき、家族に励まされ、2月2日の桐朋中は合格しました。そして、2月3日、麻布中の合格発表の日を迎えました。「どうせだめだろう」と見た合格発表の掲示板に、自分の番号がありました!
 この経験からぼくが言えるのは、どんなにSS特訓での成績や、麻布の学校別サピックスオープンの結果が悪くても、自分を信じて、試験に真剣に取り組めば、合格するということです。
 皆さん、次の四つのことを覚えておいてください。

①健康を第一に考えてください。

②疲れたら、チョコレートなどの甘いものを食べてから、もう一度取り組みましょう。

③苦手科目にも取り組みましょう。

④「絶対、合格」と心のなかで、常に思っていてください!

 サピックスの先生方、本当にありがとうございました。

 前の体験記 | 男子校目次に戻る | 次の体験記 

2020年度中学入試 
親子で歩んだ
受験の軌跡
男子校女子校共学校

ページトップ このページTopへ