受験ライフをサポートする 進学情報誌 さぴあ

さぴあは、進学教室サピックス小学部が発行し、内部生に配布している月刊誌です。

最新中学入試情報

2020年度中学受験  サピックス小学部第29期生/受験体験記

進学校 栄光学園中学校

粘り勝ち

K.Nくん

 2月3日。受験最後の日、ぼくは浅野中にいた。第一志望の栄光学園中の入試が終わってホッとしていた一方、結果が心配だった。
 浅野中の入試の後で、栄光学園中の合格発表を見に行った。以前は気楽に上っていた坂道が、いつもの2倍にも、3倍にも長く、険しく感じられた。校門をくぐり抜け、講堂までの階段を上っていると、先に着いていた父が半泣きの表情で戻ってきた。
 「受かったかも?」と、とてもうれしかったが、見間違いかもしれないと思い、ダッシュで階段を上がって、合格発表を見た。
 すると、自分の番号があった。つい、「よっしゃ!」と叫んでしまったほど、うれしかった。
 ぼくがサピックスに通い始めたのは5年生の後半からだった。そのときのぼくはまだ、勉強をしに行っているだけだったように思う。
 自分が受験生としての意識を持ったのは6年生になってからだ。土曜志望校別特訓やSS特訓が始まり、授業も難しくなっていったので、「これではだめだ」とがんばったが、あまりコースは上がらなかった。それでもあきらめずにがんばったところ、冬期講習では志望校別のコースのなかでいちばん上のクラスにいくことができた。でも、平常授業ではずっと真ん中のブロックだったし、栄光の合格可能性は最後にやっと30%!
 そんなぼくが栄光に合格できたのは、粘り強く、あきらめずにがんばったから。そして何よりも、サピックスの先生方と父母の支えがあったからだと思う。
 今、ぼくから言えることは三つある。
 一つ目は、「基礎力トレーニング」「漢字の要」「コアプラス」を完璧にしておくこと。
 二つ目は、塾から帰ってきたら、必ず復習をやること。
 三つ目は、できるだけ塾は休まず、先生が言った大事なことを、ノートにメモすること。
 そして試験では、たとえ出来が悪くても、気にせず、最後まであきらめず、粘り強くがんばること。冷静に、落ち着いて臨めば大丈夫です。
 受験生の皆さん、絶対負けるな! ファイト!

 前の体験記 | 男子校目次に戻る | 次の体験記 

2020年度中学入試 
親子で歩んだ
受験の軌跡
男子校女子校共学校

ページトップ このページTopへ