受験ライフをサポートする 進学情報誌 さぴあ

さぴあは、進学教室サピックス小学部が発行し、内部生に配布している月刊誌です。

最新中学入試情報

2020年度中学受験  サピックス小学部第29期生/受験体験記

進学校 海城中学校

雨ニモマケズ 風ニモマケズ

S.Hくん

 ぼくは、3年生の途中からサピックスに入りました。あまり負担にならず、楽しく授業を受けていたと思います。このころは、あまり受験を意識していませんでした。
 5年生になると、苦手だった算数の偏差値がさらに急降下し、さすがのぼくも重い腰を上げて、勉強に真剣に取り組もうとしました。しかし、ゲームの誘惑に負けてしまうことがたびたびあり、頭を悩ませていました。
 6年生になると、受験まであと1年という事実に強い焦りと不安を感じ、ぼくは熱中していたパソコンとゲームをみずから封印して勉強に集中するようになりました。相変わらず成績は芳しくなかったのですが、先生の授業がおもしろく、塾に通うことは苦にはなりませんでした。
 そのおかげで夏期講習では授業と復習をリズムよく繰り返すことができ、勉強ができるようになっていきました。SS特訓や過去問演習が始まると、急に勉強時間が増え、初めはつらく感じていましたが、慣れというのはすごいもので、最後のほうはつらくなくなっていました。また、SS特訓の志望校別コースがとても楽しかったことは印象に残っています。
 そんな日々を過ごしているうちに、いつの間にか2月1日になっていました。第一志望であった武蔵中では、算数の出題傾向が変わっていたうえ、社会で歴史がほぼ出なかったことも相まって、あえなく撃沈。それが2月2日にわかったときの悲しさや悔しさ、家族や先生への申し訳なさは、今も忘れていません。
 しかし、チャレンジ圏であった海城中は、過去問演習を真面目にやっていたことが功を奏したのか、合格することができました。このときは、跳びはねたいほどうれしかったです。
 未来の受験生に伝えたいことは、体調管理に気をつけて、自分を信じることです。ありきたりかもしれませんが、それが大切です。健闘を祈っています。

 前の体験記 | 男子校目次に戻る | 次の体験記 

2020年度中学入試 
親子で歩んだ
受験の軌跡
男子校女子校共学校

ページトップ このページTopへ