受験ライフをサポートする 進学情報誌 さぴあ

さぴあは、進学教室サピックス小学部が発行し、内部生に配布している月刊誌です。

最新中学入試情報

2020年度中学受験  サピックス小学部第29期生/受験体験記

進学校 海城中学校

培ってきたもの

H.Sくん

 ぼくが入室したのは3年生の夏期講習。上位のコースに入った。しかし、上位のコースが続いたのは4年生まで。5年生に入ると、野球を続けていたこともあり、スランプに陥り、それが6年生の前期まで続いた。けれども、6年生から本格的に勉強をし始めた成果が出たのか、6年生の後期ぐらいからは偏差値が60前後になった。
 ぼくがこれから受験を迎える皆さんに伝えたいことは三つある。
 一つ目は、自信をつけることだ。それも過信ではない。勉強できる極限まで勉強して自信をつけ、第一志望校に行っている自分を想像すれば、きっと受かるはず。
 二つ目は、規則正しい生活をすることだ。受験のときは朝が早い。だから、早寝早起きをして、しっかり朝ごはんをとろう。
 三つ目は、あきらめないことだ。家庭学習の量が多く、勉強することが嫌になってもあきらめてはいけない。家族や先生方は、きっとあなたのことを応援している。応援されていると思えば、またやる気が湧くだろう。また、試験本番中もあきらめてはいけない。得意な科目ができなくても、「ほかの科目で取り返すぞ」という心構えでいなくてはいけない。
 最後になるが、2月1日の海城中の第1回入試に受からなかったとき、モチベーションを維持してくれたサピックスの先生、家族、野球の監督、コーチ、そしてぼくを応援し続けてくれたたくさんの方々に感謝したい。

 前の体験記 | 男子校目次に戻る | 次の体験記 

2020年度中学入試 
親子で歩んだ
受験の軌跡
男子校女子校共学校

ページトップ このページTopへ