受験ライフをサポートする 進学情報誌 さぴあ

さぴあは、進学教室サピックス小学部が発行し、内部生に配布している月刊誌です。

最新中学入試情報

2020年度中学受験  サピックス小学部第29期生/受験体験記

進学校 開成中学校

受験の七つ道具

Y.Mくん

 兄がサピックスに通っていたこともあり、「ぼくも中学受験をしたい」と母に言い、3年生の夏休みに入室した。サピックスの第一印象、そして最後まで持っていた印象は、「楽しい、おもしろい」に尽きる。どんな質問をしても、先生はていねいに一つひとつ教えてくれた。疑問が解消でき、いつもすっきりした。
 ここからは、ぼくがサピックス生活で感じたことだ。ぼくは最上位クラスにずっといたので、メンバーの半分以上はいつも同じで、強い仲間意識があった。同じ学校をめざすライバルであり、同志でもあった。最後のほうは、「このメンバーと一緒に授業を受けて、同じ学校に入りたい」という根性で食らいついていた。
 ぼくは6年生になって国語がスランプに陥った。その後、先生から「SS特訓の単科講座を記述表現力講座から読解力講座に変更しよう」と持ちかけられ、そのひと言で火がついた。開成の2回目の学校別サピックスオープンでは国語で1桁の順位が取れたので、無事、記述表現力講座にとどまり、スランプを脱した。それ以降、国語は得点源になった。国語・理科・社会で点数を稼いでいた分、学校別サピックスオープンでは良い順位が続き、算数の点が取れていないことに気づいていなかった。成績も悪くなかったので、サピックスの灘ツアーに参加したところ、撃沈。それ以降(最後の10日間)は、算数のプリントを片っ端から復習していった。
 灘に落ちる前、ぼくは、開成中、聖光学院中、筑波大附駒場中にしか出願していなかった。しかし、灘に落ちたことで、念のため浅野中にも出願した。2月2日の夜まで悩み続け、4年生のころからあこがれていた筑駒ではなく、確実に合格できる浅野を選んだ。ちなみに、ぼくは灘ツアーの行きの新幹線に合格切符の入った筆箱を忘れ、調子が崩れた。みんなは忘れ物に気をつけよう!!
 最後に、「受験の七つ道具」を紹介したい。

①授業内で完結させること(わからない問題はその場で先生に聞いて解決)。

②きちんと復習すること(特に苦手科目)。

③過去問を解くこと。

④毎日のルーティン(「基礎力トレーニング」など)を守ること。

⑤十分な睡眠をとること。

⑥忘れ物をしないこと。

⑦最後までやり抜く根性を持つこと。

 これらはすべて、受験で大切なものだ。

 前の体験記 | 男子校目次に戻る | 次の体験記 

2020年度中学入試 
親子で歩んだ
受験の軌跡
男子校女子校共学校

ページトップ このページTopへ