受験ライフをサポートする 進学情報誌 さぴあ

さぴあは、進学教室サピックス小学部が発行し、内部生に配布している月刊誌です。

最新中学入試情報

2020年度中学受験  サピックス小学部第29期生/受験体験記

進学校 開成中学校

自分を信じ切って

K.Iくん

 ぼくがサピックスに入ったのは新5年生のとき。常にトップというわけではなかったけれど、上位コースを行ったり来たりしながら、先生の話を楽しみに通っていました。6年生になってもあまりペースは変わらず、コースはだいたい同じでしたが、志望校判定などが出るテストの結果が振るわなくなっていき、開成中の合格可能性も50%や70%に落ちてしまいました。
 しかし、先生方の指導をよく聞き、そのとおりに課題をこなすことで、ぼくは第一志望校の開成に合格することができました。
 受験生の皆さんへ、ぼくなりのアドバイスがあります。
 まずは、準備期間について。ぼくは家庭学習をひととおりやると、あとは眺めるだけにしてしまうことが多く、社会の知識が弱くなってしまったので、家庭学習はていねいに、細かくやることを大切にしてください。
 間違えた問題や知識は書きためて、何回も見直すと有効です。あとは、サピックスと先生を信じてください。指導どおり素直にやれば、成績は上がります。
 次に、当日について。先生方からの「激励のことば」を読み、会場ではしっかり笑顔で握手してください。とても力になります。弁当は少なめにすることをお勧めします。それから、忘れ物をしてもあまり気にする必要はありません。そして、前の教科の結果が良くなさそうだと感じても、すべて忘れてください。きっと、ほかの人も解けていないはずです。
 いろいろと書きましたが、結局は、「自分は合格する」と信じて平常心で挑むことが重要だということです。自分を信じ切ってがんばってください。応援しています。
 最後になりましたが、2年間指導して、ぼくを合格に導いてくださったサピックスの先生方、本当にありがとうございました。

 前の体験記 | 男子校目次に戻る | 次の体験記 

2020年度中学入試 
親子で歩んだ
受験の軌跡
男子校女子校共学校

ページトップ このページTopへ