受験ライフをサポートする 進学情報誌 さぴあ

さぴあは、進学教室サピックス小学部が発行し、内部生に配布している月刊誌です。

最新中学入試情報

2020年度中学受験  サピックス小学部第29期生/受験体験記

進学校 開成中学校

がんばった中学受験

K.Tくん

 ぼくは、1月に栄東中と渋谷幕張中を受験して、どちらも合格していたので、自信をつけて、第一志望校の開成中の試験に臨むことができました。でも、いざ試験が始まると、第一志望ということもあり、予想以上に緊張してしまいました。
 そして、試験が終わると、ぼくは「ダメだったかもしれない」と思いました。なぜこう思ったかというと、例年よりも算数が難しく、あまり自信がなかったからです。
 でも、開成中の試験の翌日に、神奈川の聖光学院中の試験があり、その翌日には早稲田中の試験と、3日連続で試験があったので、あまり落ち込んでいる時間もありませんでした。
 また、聖光学院中の試験のために泊まったホテルで、母が開成中の社会の問題の答え合わせをしたら、苦手科目の社会の点数がとても良かったとわかったので、少し自信を取り戻すことができました。
 そして、早稲田中の試験が終わったあと、母からのメールで第二志望校の聖光学院中に合格していたことを知り、とてもうれしかったです。その後、開成の校舎で自分の番号を見つけたときは、今までの努力が報われたのだと実感し、とてもうれしく、そして安心しました。
 そして、2月4日に早稲田中にも合格し、全勝という結果を残すことができました。
 ぼくが全勝できたのは、自分が努力したからというだけではなく、教えてくださった先生たちや、支えてくれた家族のおかげでもあります。だから、本当にありがとうございました。
 最後に、受験生へのアドバイスをしたいと思います。
 まず、「基礎力トレーニング」と「コアプラス」は毎日するようにしてください。特に、受験直前は新しいことをするのではなく、基礎的な知識問題を間違えないように、徹底してください。それだけでも、かなりの効果があるはずです。
 また、受験直前になると、合格できるかどうか不安になり、焦ると思います。でも、そんなときこそ、今までの努力を思い出し、冷静に、目の前の課題に取り組むようにしてください。
 開成で待っています。

 前の体験記 | 男子校目次に戻る | 次の体験記 

2020年度中学入試 
親子で歩んだ
受験の軌跡
男子校女子校共学校

ページトップ このページTopへ