受験ライフをサポートする 進学情報誌 さぴあ

さぴあは、進学教室サピックス小学部が発行し、内部生に配布している月刊誌です。

最新中学入試情報

2020年度中学受験  サピックス小学部第29期生/受験体験記

進学校 慶應義塾普通部

明るく前向きに

R.Iくん

 「よっし」。2月3日に電車の中で小さく叫んでしまった。掲示板を見に日吉に向かっているとき、ぼくは結果が気になり、母のスマートフォンで見ようと思った。母からは何度も「本当に見るの?」と言われ、見るかどうか悩んでいたが、結局、我慢できず見てしまった。ぼくは受験番号が早かったので、すぐに見つかった。
 ぼくがサピックスに入ったのは、4年生の6月ごろ。当初、クラスは下から数えてすぐだったが、最初のテストで真ん中くらいまでいき、少しずつ上位に上がっていった。5年生では2月から3月を除けば上位のクラスだった。6年生のときは上から1・2番目のブロックにいられたので、余裕をこいて2学期まで放課後は遊んでいた。しかし、最後のテストでブロックが一つ下がってしまい、だいぶ暗い気持ちになった。それでも1月校に良い成績で合格したので自信がついた。そして、いよいよ2月1日、慶應普通部の受験の日。ぼくは1教科目の大大大苦手な国語で、まったくわからない問題や空欄がいくつかあり、それを少し気にしながら受けた2・3・4教科目も、やや失敗した気がしていた。特に4教科目の理科では、自分の得点源である社会で失敗したと思っていたので、あまり集中できなかった。そんな状況だったので、合格したのは夢だとも思った。
 ぼくの経験から、受験生にアドバイスします。

①基礎を完璧にしよう。そうすれば7割取れます。完璧な状態にしてもわからない問題をわかる人は、限りなく少ないと思います。理科と社会は「コアプラス」を、算数は「基礎力トレーニング」を必ず毎日、国語は「言葉ナビ」や「漢字の要」を使い、実際に声に出したり書いたりして、毎日のすきま時間に確認しよう(自分は国語の文章題で点数を稼ぐのは無理なので実行しました)。

②算数は志望校に特化したSS特訓のプリントや過去問を何度も何度も徹底的にやろう。算数は1問の配点がほかの教科よりも大きいので、正解すれば点数を稼げるからです。

③終わった教科のことは考えず、全力で問題を解こう。受験のときは精神面も重要です。受験の1週間前くらいからはリラックスし、外でけがをしないように遊んだり、自分が好きなことをしたりするといいと思います。

 ぼくの受験に関わってくれた家族、サピックスの先生方、本当にありがとうございました。未来の受験生の皆さんもがんばってください。

 前の体験記 | 男子校目次に戻る | 次の体験記 

2020年度中学入試 
親子で歩んだ
受験の軌跡
男子校女子校共学校

ページトップ このページTopへ