受験ライフをサポートする 進学情報誌 さぴあ

さぴあは、進学教室サピックス小学部が発行し、内部生に配布している月刊誌です。

最新中学入試情報

2020年度中学受験  サピックス小学部第29期生/受験体験記

進学校 慶應義塾普通部

切り替えとあきらめの悪さ

H.Tくん

 ぼくは、4年生の春、サピックスに入りました。算数と国語は、3年生のころまでプリント学習の塾に通っていたので、ついていけましたが、問題は社会と理科でした。算数とも国語とも違うジャンルの勉強に苦戦しました。社会は祖父からもらった『日本の歴史』を読んで、平均点付近は取れるようになりましたが、理科はボロボロでした。理科の先生が一度、
 「わからないところは短期集中で勝負しろ!」
と言いました。しかし、勉強は一朝一夕でできるものではありません。入試前の1月は苦手な科目の復習を優先しましょう。
 そして、入試本番の2月1日。
 筆記試験では、得意科目の算数と国語の出来に不安を抱きました。しかし、得意科目で失敗しても「過ぎてしまったことは仕方がない」と割り切りましょう。下手に悩んで、次の科目で実力を発揮できずに終わることがないようにしましょう。
 筆記試験を終えたあとの面接や体育実技までの間も「仕方がない」と割り切って、いつも使っている本や資料を見るようにしましょう。また、ぼくは本番の面接や体育実技は初めてだったので、とても緊張しました。しかし、このときは校舎の内装を眺めたり、自分が学校に通う姿などを想像したりして、リラックスしましょう。そしてぼくは、第一志望校である慶應普通部の合格を頂きました。
 最後に、慶應普通部を志望する後輩へのアドバイスです。

①普通部は「基本」が大切です。「コアプラス」や「漢字の要」などを使って完璧にしておきましょう。

②試験日は平常心を保ちましょう。ふだんどおりの実力を発揮できます。

 普通部を志望する皆さんへ。あきらめずにがんばりましょう。慶應普通部で待っています。

 前の体験記 | 男子校目次に戻る | 次の体験記 

2020年度中学入試 
親子で歩んだ
受験の軌跡
男子校女子校共学校

ページトップ このページTopへ