受験ライフをサポートする 進学情報誌 さぴあ

さぴあは、進学教室サピックス小学部が発行し、内部生に配布している月刊誌です。

最新中学入試情報

2020年度中学受験  サピックス小学部第29期生/受験体験記

進学校 武蔵中学校

2月1日の挑戦

K.Nくん

 ぼくはものを覚えるのが苦手で、4年生のころ、昆虫や植物の知識を頭に入れることを怠けてしまったので、理科ではあまり点数を取れませんでした。だから、最後の1週間は新しいことには手をつけず、理科の「コアプラス」を徹底的に復習し、あまり定着できていなかったところは、テキストを引っ張り出して頭に入れ直しました。
 また、父に「漢字の要」から間違えやすい漢字の問題を出してもらいました(そのなかで、「日本の基幹産業」の基幹という熟語は、実際に2日の学校で出題されました)。知識を頭に入れることが必要なものは、最初からちゃんとやっておけばよかったと後悔しました。
 ぼくは、2月1日に武蔵中を受験しました。その前の日には、緊張して4時間ほどしか眠れませんでした。その気持ちのまま受験が終わりました。算数と社会が思っていた以上に難しく、「絶対に落ちた」と思い、自信がなかったため、午後の受験が終わってから帰っても、食欲も出ず、そのまま寝てしまいました。
 次の日、2月2日も、受験中に武蔵の結果が気になり、あまり集中できませんでした。午後は家に帰り、結果を気にしながら、ゲームをしたりして休んでいました。その間に、父が武蔵まで行って、番号を見てきてくれました。自分の番号の写真を送ってきてくれたときには、うれしさで興奮してしまいました。
 父、母、サピックスの先生方、受付の方、警備員の方、支えてくださり、ありがとうございました。

 前の体験記 | 男子校目次に戻る | 次の体験記 

2020年度中学入試 
親子で歩んだ
受験の軌跡
男子校女子校共学校

ページトップ このページTopへ