受験ライフをサポートする 進学情報誌 さぴあ

さぴあは、進学教室サピックス小学部が発行し、内部生に配布している月刊誌です。

最新中学入試情報

2020年度中学受験  サピックス小学部第29期生/受験体験記

進学校 聖光学院中学校

努力は必ず報われる

K.Sくん

 「努力だ。勉強だ。それが天才だ」
 これは努力することを大切に思っていた野口英世の名言です。
 2月3日、ぼくは開成中に行って、自分の受験番号を見つけました。電話で父から合格と聞いていましたが、それでも喜びを隠せずにいました。
 もともと、サピックスオープンでの開成の合格可能性は50%を超えたことはなく、最後の第4回合格力判定サピックスオープンでは、なんと20%という散々な結果でした。いっそのこと開成の受験はあきらめようと思った時期もありましたが、それ以降の冬期講習と正月特訓であきらめずに努力し続けたことで、合格へとつなげることができました。
 ぼくがサピックスに入室したのは新4年生の2月でした。当時は算数は得意でしたが、国語が苦手で、上位のクラスとその下のクラスを行ったり来たり。6年生になってからは、毎朝の基礎を徹底し、社会のデータバンクを完璧に頭に入れました。また、後期からのSS特訓では、苦手科目を克服するために国語と社会の単科講座を取り、自宅ではテキストの復習と過去問演習を続けたので、上位のクラスを維持することができたのだと思います。
 後輩の皆さんに、受験当日の大事なことを二つ伝えます。

①リラックス&集中。
適度な緊張はよいですが、緊張しすぎると、ふだんどおりの自分の実力を出せなくなってしまうため、テスト前に時計など一点を見つめると、集中力が増します。ただし、集中しすぎて「始め」の合図を聞き逃さないように…。

②挑む気持ちが大事。
サピックスでやってきたことが、自分の頭のなかに全部入っていると信じ、難しくて自分ができないことは、みんなもできないと思えば、少し楽になります。

 最終的に、受けた学校のすべてから合格を頂き、進学先は聖光学院中に決めました。今まで支えてくれた両親と、厳しく指導しつつも励ましてくださったサピックスの先生方に、たいへん感謝しています。ありがとうございました。

 前の体験記 | 男子校目次に戻る | 次の体験記 

2020年度中学入試 
親子で歩んだ
受験の軌跡
男子校女子校共学校

ページトップ このページTopへ