受験ライフをサポートする 進学情報誌 さぴあ

さぴあは、進学教室サピックス小学部が発行し、内部生に配布している月刊誌です。

最新中学入試情報

2020年度中学受験  サピックス小学部第29期生/受験体験記

進学校 聖光学院中学校

第一志望合格への五つの鍵

T.Uくん

 ぼくが聖光学院中学に合格できた理由は五つあります。
 一つ目は、過去問を徹底的にやったことです。過去問が重要なのは、学校によって求められる力が違うからです。最後の2か月間の勉強法も変わってきます。また、過去問で合格点を超えると自信がつくので、落ち着いて試験に臨むことができます。
 二つ目は、1月に理科の知識を片っ端からできるだけ頭に入れたことです。受験では得意な科目はなくても大丈夫ですが、苦手な単元が多いとかなり危険です。だから、1月には理科と社会の苦手な単元を、一単元に一日かけてでも潰していきました。
 三つ目は、1月中旬から下旬の心の状態が非常に穏やかだったことです。受験が近づいて緊張しすぎると、本試験で実力を出し切れません。だから、忙しくても毎日散歩をすることをお勧めします。そして、睡眠時間は削らないほうがよいです。
 四つ目は、試験中にあきらめなかったことです。聖光学院では、国語の選択肢が長くて多いです。また、社会は細かい選択肢が多く、理科は考えないとできない問題が多くあります。それで、あきらめて思考を放棄しないことが大切です。
 五つ目は、2月1日に受験した駒場東邦中学に受かっていたことです。このおかげでプレッシャーをまったく感じなくなり、緊張しませんでした。
 最後に、各科目の対策について書きます。

算数:とにかく過去問を解いて、直して、分析すること。

国語:論理的に考え、明確な根拠に基づき、選択肢を選ぶこと。

社会:基本的な知識を頭に入れ、「重大ニュース」をよく読むこと。

理科:基本的な知識を定着させて、土曜志望校別特訓のテキストを復習すること。

 皆さんも合格に向けて、がんばってください。
 また、最後までサポートしてくださったサピックスの先生、本当にありがとうございました。

 前の体験記 | 男子校目次に戻る | 次の体験記 

2020年度中学入試 
親子で歩んだ
受験の軌跡
男子校女子校共学校

ページトップ このページTopへ